タグ : 中間講評会

合宿所の虫退治と中間講評会の様子…


8月3日、金曜日。
今日もまた暑い日でした。でも噂では暑いのは今日までとか。明日からは天気も崩れ、気温的には過ごしやすそうな感じになりそうです。が、雨らしいので蒸し暑い感じになるんだろうか…。

さてそんな中ではありますが、来週からお世話になる合宿所を下見に行ってきました。

ずんずん。

ずんずんずん。
勇者たちがやってきました。

で、合宿所なんですが、実はこの合宿所、結構虫が出るんです。

虫とは、そう、カマドウマ。通称便所コオロギってやつです。
主に水場で湿気があるところ…ということで、厨房やトイレなんかによくぴょーんと出没するのです。

毎度合宿を行っている美術部員にとってはもはやカマドウマちゃんは慣れ親しんだ戦友のようなもの…ってそんなわけもなく、毎回カマドウマちゃんを見つけてはうひぃぃぃぃーーとか言ってるわけで。
で、昨年はそのカマドウマちゃんが例年になく大量に出てきたということもあり、ちょっとなんとかならないか…ということで。
今日は厨房の虫退治を敢行することにしたのでした。

当初は害虫駆除業者にでも入ってもらったほうが…なんて話もあったんですが、いわゆる「バルサン」的な煙が出る殺虫剤を使ったら安価でできるんじゃないかという案が出まして。まぁ、予算もないことですしねぇ…。
で、事務に確認したところ、バルサンを使っても大丈夫だよーとのこと。

ちなみにホー◯ックにバルサンを買いに行ったところ、「以前バルサンで事故があって、それ以来取り扱ってないんですよねぇ…!」とのこと。
そのため、バルサン風の類似品?をとりあえずゲットしてきたのでした。事故って、何があったんだよ…。。

とまぁ合宿所に到着した我々は、早速びくびくしながら厨房の様子をチェック…。

あれ?カマドウマちゃんの姿が見えません。
もしや、今年はカマドウマちゃんあんまりいないのかな…?

まぁでもせっかく買ってきたし。厨房の中にある鍋や食器を別室に移動…。

さて。いよいよブツをセットします。

実は顧問もこういう類のアイテムを使うのは初めてだったため、いろいろ慎重にもなります。
絶対に失敗しないよう注意書きを何度も読んで確認しました。

それでは…いざ…!!!

シューーーー!

出てきました、戦友カマドウマちゃんを殲滅する例の煙が…!!!
戸を締め切り、ちょっと様子を見て、火災報知器も鳴らないようなので、とりあえずそのまま放置。
ふふふ、効果がどう出るか、ちょっと楽しみ…。頼むぜ…!

さて、学校に戻る前に、せっかく1年生もいるから合宿所の中を見て回りましょうと、我々にとってはすでに慣れ親しんだ制作部屋へ。

「ほら、そこの窓から見える小さい穴は以前ハチの巣でね…あそこからハチが出入りして危なかったんだよ…だからもう部員はハチなんて慣れっこなんだぜ…!」

「えええ〜〜〜大丈夫なんですかそれ……」

なんて話しながらそれぞれの部屋を案内していたんですが、最後に入った部屋で、1年生がぼそっと。

「ああ、確かにハチの巣ありますね〜

んん…そうなんだよね、ハチの巣がね……

って、え??ハチの巣??
「先生、あれ…ハチの巣ですよね…?」

と、指差す方向を見ると………あっ、、あれは…?!

どわあああああああ!!!!!

なんと…!!
ハチの巣が窓にくっついてる…!!しかも、割とガチなサイズ…!!!
そして更に言うなら、窓にくっついているおかげでハチの巣の中が見える…!!!

というわけで、以下、自主規制。

(↑クリックするとモザイク無しの蜂の巣の断面を見ることができます。)

すごいです。ハチの卵のようなものも見えるし、そのそばで動き回っているハチの姿まで…!
まるで「アリの巣観察キット」のようにハチの巣の中身が観察できる…!なかなかレアな光景だ…!!!

ていうか、見ていると、すごい速度でハチが巣から出入りしているのがわかりました。
これはさすがにアカン…アカンやつや…!!!
これに気づかないでこの窓をガッと開けたら大変なことになるで…!!!てことで早速事務に報告することに…。

外から見ると、こんな感じでした。なかなかの存在感。

いやーーびっくりびっくり。まさかあんな大きさのハチの巣を見つけることになろうとは…。

さて、そんなこんなでとりあえず学校に戻りました。
 
 
 
 
 
 
気を取り直して。
今日は中間講評会を行いました。

中間講評会では、要するに作品を見合って自分の作品について説明したり困っている部分などを話し、意見やアドバイスをし合います。
自分の作品をコンセプトに沿って説明することで改めて自分の作品を客観的に認識することができ、また自分でいろいろ気付くことができます。そして他者からどう見えるかを知ることもできるため、とても勉強になる会なのです。

3年生を軸にしてだいたい4人くらいのグループを適当に作り、講評会スタート。

結構和気あいあいとやっています。

普段すぐそばで描いているとはいえ、なかなかお互いの作品をゆっくり堂々と見ることってないんですよね。
作者がどんなことを考えて描いているのかを知ると、またいろいろと勉強になるんですよ。

特に1年生はやっぱりまだ先輩たちと交流が持ちにくいので、これをきっかけにもっと縦のつながりができていくことを願っています。

先輩のスーパーテクニックに悶絶する部員たち。

なんかすごい楽しそうに作品について話しています。

「肺が調子悪いんです」と肺炎になりかかっていたハマチもなんか元気良さげに喋っています。

各々が貴重なアドバイスをメモしながら、真剣に聴き入っていました。

まぁ、作品の見方って人それぞれで、顧問が言うことも全然絶対じゃないわけで。
案外実際に描いている部員たちのほうが見えることもあったりするわけです。
すべてを鵜呑みにするのではなく、それでいてただ自分よがりになっても仕方がない。謙虚に聞き入れ、制作に活かしてほしいと思います。
そして、この会をきっかけにもっと交流を深められたらいいなぁ、と。

次回は一週間後に開催予定の合宿中に開催予定。それまでしっかりがんばりましょう!
目標は1回目の合宿終了時で90%の完成度じゃあ!!!
 
 
 
 
そんなこんなで夕方に差し掛かったころ。
「先生、そろそろ合宿所の様子を見に行きましょう」と言われ、再度合宿所へ。すっかり忘れてました。

ドキドキしながら、バルサン的なそれを仕掛けた厨房を覗きます…。

すると、まず目に飛び込んできたのは、さっきまでは絶対にいなかった毛虫が…!!!しかも瀕死の状態でいるではないか…!

毛虫だいっきらいな顧問はもうその時点でかなりテンションダウン
でも、行くしかない…と一歩足を踏み入れると、あれ?なんかさっきはもっと綺麗だった床に、点々と草のようなもの、例えるならトマトのヘタのようなものが落ちているように見える…。

…よーく見てみると、それらはすべてカマドウマちゃんでした…。
さっきは姿を全然見せなかったのに、、煙に燻されて出てきたってことなのでしょうか。。しかもよく見たら皆さんピクピクしておる…!!!

ぐわああああああとかひえええええええとか言いながら、ずんずん厨房の中へ入っていくと、うわぁ…結構な勢いで瀕死のカマドウマちゃんがそこらに…。。

トドメを刺すべく、殺虫剤を手にした副部長もりやとスマホのライトを点灯させて暗がりを照らすOJO。なかなかの度胸です。

…かくして、目に見えるところにあったカマドウマちゃんたちをすべてチリトリにて回収しました。全身にいや〜な汗をかきながら。。

果たして効果があるんだろうか…?なんて思っていたんですが、ばっちり効果てきめんだったようです…。なめてました…すみません…。

とりあえず、これで少しは減ってくれればいいんですが…どんなもんだろう…。。。

あっ、事務に報告したハチの巣ですが、なんと発見してからまだ3時間しか経っていない間に速攻で駆除してくれたようです!
仕事が早すぎてびっくり!!来週中には…なんて言っていたのに、まさかもうやってくれるとは…ありがたい限りです…!!事務長さんありがとうございます!部員たちも感謝しなさいよ!!この仕事の速さは尋常じゃない…!!!これが大人の仕事なのだ!!!

そんな感じの今日でした。いやー実に疲れたね…。