カテゴリー : 地区大会

雨に降られた美術地区大会、2日目の様子。


地区大会1日目に引き続き、2日目の様子です。

前日はなんとか持ってくれた天候も、この日は……

雨…天気予報通り、朝から雨がしとしと…。。

このあとも雨は降り続き、かつ風が強いため、屋外での制作は難しいと判断。
室内で各自の制作を続けることとなりました。

体育館内にブルーシートを敷いて、制作。

まぁ状況が状況だけにやむを得ない展開ではあるんですが、あくまで今回の大会参加に関わって「現場での制作」を推奨してきた市函美術部としては、現地ではない体育館内で描くのは本来ではない…と。
「これ…外に行けませんかね?傘さしてなんとか描けませんかね??」と言ってくる者もいたんですが、霧雨レベルならまだしも、さすがに横殴りの雨の中では傘さしても厳しいわけで…。そんな感じで泣く泣く室内制作となりました。

が、そんな状況にも関わらず、「行ってきます!」と申し出る勇者たちが。

実は彼女らの制作場所は函館公園の東屋で屋根付きの場所だったため、なんとか描けそうと判断したようです。
完全装備で戦いに赴きます。

さて、残った部員たちは制作の続きを…。

昨日の時点で今日が悪天候であることは予想できたため、一応現地の写真は資料としてスマホで撮影してくることと指示してありました。

ただ、もし屋内で制作することとなった場合でも、スマホを凝視して「写真の模写」として制作することの無いよう、現地で見たり感じたりした光景、空気や匂い、光や温度の記憶を頼りにして、あとは資料としてときおり写真を参考にしつつ描こう、という方針で取り組んでいます。

前日は各々の場所で制作していたので気軽に制作中の様子を互いに見に行くことは難しかったんですが、同じ体育館で制作しているとなると、当然見放題。これはこれでいいですね。

まぁぶっちゃけて言うと、写生会の風景画を想像やスマホの資料をもとに制作する時点で賛否があるわけです。
それでも、部員たちからは一生懸命作品として仕上げよう、仕上げたい、という思いをひしひしと感じるんですよね…それならば、好きなように精一杯やってほしいと思ってしまうのです。

その都度現地の写真を確認しつつ、自分の世界観を大切にして制作していきます。もうこれを習作として高文連の30号にしてもいいくらい。。

みんな真剣に制作に励んでいました。

そんなこんなで、12時頃をもって制作が終了。展示作業に移ります。このあと昼食を取って、グループ別の合評会になります。

先に江差の十河先生に講評をいただく部員も。

合評会の様子。

8つのグループ別に分かれ、各学校の顧問の先生がグループの作品の講評をしていきます。

ちなみに今回大会に臨んだ美術部員は121名。少し前から考えると少子化の影響なのかすごく減ってしまいました。200人とかいた時代もあったんですけどね…。。

合評会で感じて欲しいのは、人によっていろいろな見方があるんだな、ということ。
いろんな見方があるから新たな発見があって面白いし、いろんな見方があるから、独りよがりな作品は伝わりにくい。けれども多くの人に迎合する作品を作ることが全てではなく、こだわりを持った独自の視点を大切にすることも大事なわけで。
要するに、そういうことも含め、きっちりこの二日間の大会の中で「自分の作品」をつくることが目標だったのですが、どうだったかな?

最後に作品を持って記念撮影。

短い時間の中、屋外で気候と格闘しながら油彩画の制作を通して、様々な経験ができたのではないでしょうか。
3年生はいよいよ最後の地区大会でのびのびと描きたいもの、やってみたい表現に取り組みました。2年生は昨年の経験をバネにそのレベルアップした力を発揮できたようです。そして1年生は始めたばかりの油絵を2日間で描ききるというやや無謀な挑戦にも負けず、頑張って取り組んでいました。

さぁ、次はいよいよ夏の高文連!全国までつながるこの高文連に向けて、いよいよ動き出すことになります。
今年はどんな作品が生まれるのか…もー今から楽しみでなりません。
また忙しい夏がやってくるね!みんなで頑張っていこう!!


平成30年度高文連美術地区大会・1日目の様子


本日5月17日と明日18日は美術部の大会、高文連道南支部美術地区大会が函館市にて開催されています。
その1日目の様子を写真で紹介していきます。

今回の美術部の地区大会は、要するには写生会。とくに賞が付くとかそういうものではなく、純粋に外で描くことの楽しさを知ったり、今後の課題を見つけたり、他校の作品から刺激を受けたりして、夏の高文連に向けてのモチベーションを高める大会でもあったりします。
昨年はグリーンピア大沼が会場だったんですが、今年は函館が開催地。ふるる函館を会場として二日間の写生会が開かれるのでした。

というわけで、なんせ外での制作ですから晴れて欲しい…んですが、大会当日の天気予報は…。。
函館地区は梅雨が近いから?なのか、ここ最近天気がイマイチだったんです…。

そんな感じで心配された天候だったんですが……
 
 
 
 
なんと雨は朝のうちに上がり……

制作スタートの時にはなんと晴れ間が…!!!思わずおつるも大喜び…!!

出発前の集合写真だって、えらい爽やかに撮ることが出来ました!
いやー太陽って偉大!!制作のモチベーションも一気に上がります^^

さ、出発ですよー!!

市函美術部は全員油彩画を制作します。
二日間あるとはいえ、移動して場所を決めたり準備したりとなると、制作時間は実質6時間程度。結構ゴリゴリ描かなきゃ完成まで持っていけません。
しかも今回は、1日目の今日はかろうじて晴れてくれたんですが、明日は完全に雨とのこと…。今日でどこまで描けるかが勝負になりますな。。

さぁ、どんな感じに作品が生まれるでしょうかー?楽しみですねぇ♪

ここからは制作の様子を写真にて綴っていきます。
今回本校からは31人が参加。その多くは函館公園にて制作していました。

1年生も張り切って制作しています。二日間でどこまでいけるか…?!

ぜひ楽しんで描いてほしいものですね。

開始早々公園内で腕時計を落とした彼女ですが、親切な方が管理事務所の方に届けてくださいました。よかったよかった…。

デスケールを使って構図を決めています。
今年の1年生が購入した油彩セットにはおまけでデスケールが入ってたんですな…先輩たちがうらやましがっていました(笑)

東屋では、2年生が陣取って制作していました。ここなら雨が降っても大丈夫。

小川のところにも2年生が。2年生ともなるとさすがに油絵の具に対して躊躇なく描き始めていきます。

キャンバスの裏に落描きするのはもはや定番…。

こっそり忍び寄ってシャッターを切っていると音に気づいて振り向いたおしゃない部長。

キングとさよちんが木の幹に目をつけて描いていました。

もりや副部長もゴリゴリ描き始めて全然こっち見てくれません。

ていうか基本もう誰もこっち見てくれません…。まぁ自然な様子を撮りたいからいいんですけど(笑)

階段をいい色でとらえていましたねぇ。さすが2年生ともなるとレベルアップが見えます。

そんなこんなで広い園内をウロウロしていたらもうお昼に…。
1年生がおべんとうを広げていたところにもなちん登場。しかし目線はくれません…ジャケ写のつもりなのでしょう。

木に挟まれパンをかじる彼女は、なんだかジブリの世界にいるようです。

さ、そんなこんなで公園内にいる部員はコンプリートしたので、お次は漁港の方へ。

いました、ショッキングピンクのつなぎを着たおきゃべが。目立つなぁ…。毒々しいなぁ…。

と思ったらその後ろ側にはどばしが…!

開始して1時間半程度でもういい感じになってますねぇ。絵具を置く描き方で、実に雰囲気が出ています。

さて、お次は……

立待岬です。

会場からはそこそこ離れているためか、もしくはいわくつきの場所だからなのか、なかなかここで制作する部員は今までいなかったんですが…とうとうここまで来て描く者たちが出てきました。

さすがに海からの風があってちょっと寒かったですが、ちょうど太陽が雲の切れ目から顔を出してきていて、とても綺麗な風景が広がっていました。
いやぁ…絵になる場所だ…。。

さ、また移動です。
お次は函館八幡宮付近。

これまた顧問が今まで立ち入ったことのない場所で制作していました。ここもまた雰囲気があるねぇ…。

会場にスマホを忘れてきたため連絡が取れないという、携帯を携帯しない安定のガースー。

しかし作品は実にいい感じで…。もうすでにそこに空気が感じられます。

完成が楽しみですな♪

ここで一旦顧問の打ち合わせがあったため会場に戻り、終了後また部員探しの旅へ。しかしもう制作時間終了まであとわずか…!果たして全員に会うことが出来るのだろうか…?!

元町公園付近に行くと、いましたいました、おつるにまっつん、山Pが。

さすがに3年生はもういい感じで描いています。

ま、まぁ3年生なら大丈夫だろう…と、巡回の順を後半に回していたんですが…やはり正解でしたね。しっかり制作していた模様。

というわけでここで制作時間終了となりました。
顧問はひとあしお先に会場に戻って、皆を迎え撃ちます。

この会場前の坂がキツイんだな…!

続々と戻ってきますねぇ。

なんだかんだで最後まで雨も降らず、ニコニコしながら帰ってきました。いや、疲れてるのか…?

別方向からは立待岬組が。無事時間内に戻ってこれたようです。

というわけで本日の制作はこれにて終了。
会場の体育館に作品を置きました。どれもなかなかよく描けています。

全体での諸連絡のあとは、中間合評会を行い、それぞれの作品に対してアドバイスというかコメントを。
明日の午前中はおそらく雨…。小雨であれば現地へゴーって感じなんですが、雨の降りようによっては室内での制作に…。でも個人的には「写生会」ですからやはり現地で描いて欲しいなぁ…と思いつつ。スマホに頼りっきりにはなってほしくないですね…。

そんなこんなで解散。
お互いで作品を見合って盛り上がっていましたね。
1年生も初めての地区大会、屋外での油彩画制作ではあったものの、しっかりと絵の具を乗せて描いていました。よしよし…!

というわけで、明日に続きます。
午前中だけでも雨…降らないでほしいなぁ…。。


[写真大量]グリーンピア大沼での写生会の様子


さて、ようやく先日の地区大会写真の編集が終わりました…。ということでブログとして投稿します。

5月17日・18日に開催された、平成29年度高文連美術道南支部地区大会の様子を写真で綴っていきたいと思います。

今回の大会当番校は八雲高等学校さんでした。会場は七飯町のグリーンピア大沼。夏はキャンプやアスレチックなどのアクティビティが楽しめ、冬はスキー場になる場所です。

開会式では諸注意等があり…

早く外に出たい部員たちはワクワクしながら早速つなぎを着込み…

いよいよ出陣!の前に体育館前にて記念撮影♪とにかく天気がいい、最高の写生日和です。

このあとそれぞれが描きたい場所を見つけて制作するのですが、部長はっつぁんより場所等についての注意事項があり…

さぁ!いよいよ制作スタートです!

そんな感じで各自散っていき、しばらくしてから顧問は部員探しの旅へ出かけます。
一応部員には大体の場所を連絡してもらい、それを頼りに探し回るという感じです。なにせ38人もいるため、果たしてこの広いグリーンピア大沼の敷地で全員を回ることが出来るのでしょうか…。。

というわけで、顧問はカメラをかついで部員たちのもとをまわり、アドバイスしたりちょっかいかけたりしてきました。

開始早々沼にハマってつなぎと靴を汚し凹む1年生。

相変わらず楽しそうなおしゃない。

従業員に間違えられたはうる。

一番遠い場所で描いていた、写真が無駄に爽やかなきくちプロ。

かなり暖かい日で、小さい虫がいっぱいいましたね。草むらや水辺に近いところでは蚊やブヨがたくさん発生していた様子。部員も虫除けを用意してきたようですが、それでも大変だったようです…。

緑の背景にショッキングピンクが目に痛い、期待の新人。

大沼観光大使も存分にグリーンピアを満喫しています。

どんちゃんもなんだか笑顔です。

ボッティは軍人みたいでした。普段は英国紳士みたいなんだけどね。

いくら探しても見つからなかった子たちを制作終了30分前にようやく見つけました。。

まぁふたりとも3年生ですし、普通にしっかりやっていたようです。さすが。
 
 
 

さて、そんなこんなで夕方5時の時点で初日の制作が終了。
体育館に戻り、作品を並べていきます。

その後ホテルに戻ります。
ロビーに顔出し看板が。

…なんかしっくり来すぎている…(笑)

この日顧問が歩いた距離は、iPhoneの歩数計によると19000歩ほど、距離にして11.2kmだったようです…。久しぶりにすごい歩いた…いやーいい運動になりました(笑)

このあとグリーンピアのホテルへ戻った我々は早速夕食タイム。大皿形式でボリューミーな食事を平らげたあと、午後7時からは研修ということで私のほうからiPadを使って過去の全道大会や全国総合文化祭の作品を鑑賞しながら延々と解説。与えられた1時間をきっかり使い切りました。
あとからわかったのですが、各校の生徒さんも結構真剣に聴いてくれていたようです。翌日の合評会の中でも「昨日の話の中に出てきた色の使い方を意識して…」など、参考にして制作していた人も多かったようで。
正直1時間話しっぱなしだったし、夕食後ってこともあってみんな寝てるんじゃないかな…と心配していたんですが…そんなことはなかったようです。さすが

本当はもっともっと見せたい作品や伝えたいことがあって、2時間はほしいくらいだったんですけどね…。ま、それはまた部活の中でやろうかな。
 
 
 
  
 
そんなこんなで2日目。

朝方、外の光がまぶしくて目が覚めました。
あまりに明るく太陽の日差しが入ってくるので、内心「やらかした!寝坊だ!!」とあわてて飛び起きて時計を見ると、まだ午前5時57分…。
よかったぁ…さ、もう少しだけ寝るかな…と目を閉じようとすると、脇のスマホがブルッと。こんな時間に何の通知かな…と見ると、3年部員からのLINE。あれ?これって今届いたLINE??何かあったのかな…?と思い返信すると、どうやら体調が良くないとのことで。。しかしながらちょっと心配なレベルで、1日目の制作がすごく上手くいっていたので2日目も楽しみにしていたようですが、状況が状況だけに急遽保護者に来ていただき強制送還となりました…。今回の大会がたまたま大沼開催だったため、自宅から大沼までは車で30分程度。ある意味運が良かったです。
ちなみにその後病院へ行き、治療してもらったところすぐによくなったとのことでした。よかった…。

さて、朝の連絡ではその部員のことを全体に伝え、その生徒の分まで頑張ろうぜ、ということで早速制作地へ移動となりました。
この日の制作時間は9時から12時半まで。移動・準備・片付けのことを考えるとあまり時間はありません。
一応目標としては1日目で8割方仕上げる!というものだったのですが、慣れている3年生あたりはそこまで持っていけても、さすがに1年生はかなり苦戦していたようです。
この日の午前中でどこまで作品として持っていけるか…実に楽しみ。

さあ、今日も張り切っていきましょう!!

今日も実に爽やかな天候。こんなにいい天気に恵まれるだなんて、本当にラッキーな大会です。天気が良ければ、すべてよし!

まぁ悪天候は悪天候なりのよさもあったりするんですけどね^^;

昨日全員まわって場所は把握していたので、この日は特に迷うこと無く部員のもとへ。
それぞれがしがし制作を進めていました。

この日も顧問はてくてくと歩いてそれぞれの部員のもとを訪ねていきました。
前日の時点で気づいてはいたんですが、お金払って自転車を借りてもよかったな…と本気で思いました。もし次にグリーンピアで開催する場合は、初日から自転車を借りたいと思います。しかも電動自転車をね。

ちょうど全員をまわった終わったところで終了の時間となりました。
あっという間の制作時間でしたが、それぞれしっかり描けたでしょうかね。みなさん体育館へ戻っていきます。

入り口付近で戻ってきた何人かの部員の写真を。

みんな、いい顔してますねぇ^^そして作品もしっかり描かれていますな!よしよしよく頑張りました!
 
 
 
さて、体育館の中では作品を展示する前に自評文を記入します。自分の作品に対するコメントを書き込んで、作品に貼った上で展示スペースに並べるのです。

それらの作業が終わったところで、各自昼食♪
天気が良かったので外で食べたら?と言ったんですが、疲れて今から外に行くのも億劫で…と言われてしまいました(笑)

最後に記念撮影。

いろいろなことと闘いながら、本当によく頑張って制作していたと思います。今回は天気がとにかく良かったのがよかったですね。
1年生はこの短時間で油彩画を完成させるというまだ経験が浅い中での取り組みだったため、とにかく大変だったようです。レポートを読み返すと、心が折れそうになっていたり上手くいかなくて辛かったという声もありました。
しかしながら、この2日間できっといろんなことを学べたのではないでしょうか。室内でゆっくり描くのとは違い、屋外に出てその風を、光を、匂いを、音を感じながら、あと虫と格闘しながら(笑)制作するということは、とても素晴らしい経験です。しかもそれを一生懸命に作品として仕上げようと思って描くとなるとなおさらです。普段では得られない経験がたくさんできたことでしょう。
また宿泊できたことで部員間の結束も深まったように思いますし、夜の研修会で高文連に対するモチベーションも上がったという部員も少なくなかったです。

この二日間でとても深い、良い経験ができたことでしょう。
この大会で得たことを、これからに活かしていこう!!高文連まで…あれ?もう3ヶ月切ってる…!!よし!とにかく頑張りましょう!!

 
 
 
 
おまけ。

昨年批評カードが2枚(両方ともナンバリング入りの誰でももらえるカード)だった2年のもりちゃんが、なんと今年は18枚も批評カードももらえたそうで…!!

そりゃドヤ顔にもなりますわ…!!(笑)

あと、グリーンピア大沼を旅立つぼくらを見送る、現地集合組の4名。

まぁ…そもそも大沼は大沼観光大使である3年スミスの庭と言われてますからね。「また大沼に遊びにこいよ…」とつぶやいているようにも見えますな…(笑)


今年の美術部地区大会in江差の様子!


5月19日・20日の両日、高文連美術道南支部の地区大会が江差町にて開催されました。

美術部の地区大会とは何かというと、簡単にいえば写生会です。二日間にわたって本校美術部員は全員油彩画の制作に取り組みます。
初日に大体5時間、2日目は午前中のみの制作なので正味2時間、合計7時間程度の時間で作品を完成させるのであります!

さて、開会式。
今回の当番校は江差高校美術部の皆さんです。

160522_49

これまでの準備とこの両日の運営、お疲れ様でした。
天候にも恵まれ、運営も非常にスムーズだったおかげで私たちは制作に没頭することが出来ました。ありがとうございました。

そう、今年の地区大会は二日間ともいいお天気でした!両日とも天気が良かった地区大会っていったいいつぶりだろうか…とブログを読み返してみたら、4年前の地区大会が天気良かったみたいです。うーん記録しておくもんですなぁ。

というわけで江差のシンボルである開陽丸をバックに、出発前の記念撮影。

160522_48

開陽丸はこんな感じです。レプリカだそうで。

160522_63

今回の写生会の舞台となった鴎島(かもめじま)です。もっと引いて撮ればよかった。

160522_64

意気揚々と鴎島に向かう我が部員たち。

160522_47

一応江差の町並みを描くというのが大会テーマだったのですが、うちらは大会前から鴎島一本でいきましょう!と計画しており、みんなで鴎島周辺での制作を行いました。

160522_44

鴎島の北側の海岸線を歩いて行く部員たち。

160522_42

はっつぁんがトイレットペーパーを落として水に濡らすというアクシデントが発生した模様(笑)

大自然の中に佇むこっとんたち。

160522_45

海の透明度が高くて驚き…!

160522_46

こっとん、崖に登るの図。

160522_65

男子連中は靴を脱いでさらに奥へと進んでいきました。

160522_66

ああいうところってワクワクしますよね。

とりあえず一旦戻って別のグループのところへ。

鳥居と瓶子岩。

160522_43

この日は風が凪いでいて、江差の十河先生も「珍しいよ。こんな日は」とおっしゃっていました。
今回は二日間とも本当に同じような天気で、すごく穏やかでした。

あ、いましたいました。

160522_29

もうさっさと色を乗せ始めていました。さすがに2年生ともなると着手が早いですな。

160522_28

160522_40

160522_41

散策路をてくてくと歩いていきます。

160522_37

いやー綺麗な場所だ…。

160522_38

1年生がここで制作していました。

160522_39

初めてながらあれこれ工夫したりして絵の具と格闘していました。

散策路を歩きながら水際をながめていると、ウミウシがいるではないですか。
すると十河先生がウミウシとたわむれ始めました。

160522_36

「こういうの見るとさ、ツンツンしたくなるよね!」って、しばらくツンツンしていました(笑)

その先では生徒が制作していました。

160522_35

160522_34

ぐるりと島をまわって登っていくと、またうちの部員が。
つなぎがカラフルなので見つけやすいのです。

160522_08

160522_07

160522_32

160522_33

160522_05

160522_06

みんな果敢に制作に取り組んでいて、なんか今年の一年生はあんまりビビってないなあと感心しました。
なにより天気がいいので制作もノリノリだったようです。虫はちょっといたみたいですけどね。

160522_67

いやーそれにしても鴎島から見下ろした景色が最高…!なんて素敵な場所なんだろう…。

160522_31

こちらは「千畳敷」と呼ばれる岩場。長い年月をかけてこんなに平らになったそうです。自然ってすげえなぁ…。

160522_68

160522_69

島から降りていく階段のあたりで、1年生が制作していました。

160522_03

160522_30

160522_02

さて、さっきの男子連中のところに顔出してみよう…。

靴を脱いで素足になり、岩のトンネルをくぐっていくと……

160522_25

いましたいました。この場所だけで10人位も制作していました。うちの部員で占領みたいな感じになっています。

160522_14

160522_21

160522_20

160522_22

160522_23

160522_24

160522_15

160522_18

160522_17

160522_16

160522_70

160522_19

港の方でははっつぁんたちが。

160522_26

160522_27

そんなこんなで夕方5時近くまで制作し、1日目は終了となりました。

160522_13

いい感じで日が落ちてきています。

この日宿泊する「俄虫温泉旅館」へ移動する途中、バスの車中から見た夕焼けが綺麗でした。
水平線が溶け込んでしまっていて、なんとも幻想的な雰囲気が漂っていました。

160522_12

旅館に到着し、さっそく夕食です。

160522_62

160522_61

夕食前に、厚沢部に実家がある部員のお母様よりジュースの差し入れを頂きました。大量のジュース、誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

ご飯を美味しく頂いて、みんなで温泉にも浸かり、先輩・後輩と語らい…。これもまた遠征の醍醐味。何時に寝たのかは…あえて聞かないことにします。

さて、翌日。
午前中しか制作時間がなく、その時間は正味2時間。現地解散前にそれぞれの作品のアドバイスを行い、その後は各自急いで制作場所に行き、昨日の続きを描き始めました。

160522_11

160522_10

160522_09

160522_04

あ、こんなのに出会いましたよ。

160522_71

160522_72

カナヘビちゃん。ちょろちょろして可愛かったです(笑)

さて、各自急ピッチで仕上げていきます。
集合場所へ戻るギリギリの時間まで制作を続け、正午頃、制作時間が終了しました。それぞれいい感じで描けたかな?

バスに乗り、合評会会場である「まなびっく」に移動。
作品を各グループのスペースに並べ、自評文を書きます。

160522_60

160522_59

自評文を作品に貼り付けてから、やっと昼食です。

160522_58

160522_57

その後はグループ別合評会前までに批評カードを書いて貼り付けるという作業があります。
要するに自分がいいなと思った作品に貼り付けるもので、この批評カードがたくさん付けられていると、すごくうれしいんですよね。

で、こんな感じで作品が並んでいました。

160522_56

160522_55

160522_54

この後はいよいよグループ別合評会。
例年は1時間だったんですが、今回はなんと1時間半…!!ゆっくり丁寧に講評することができました。

160522_53

合評会の後の空き時間を利用して、江差の十河先生に講評を求めるうちの部員たち。十河先生はうちの部員からも人気があります。

160522_52

ただ時間がなかったため、講評を受けられず残念がっていた部員もいました。

さて、閉会式です。

160522_51

江差高校美術部部長の生徒が挨拶していました。2日間ありがとうございました。

160522_50

これ以上ないというくらいの好天に恵まれた今回の地区大会。
制作時間も例年より少し長めに設定されていたので、ゆっくり制作に没頭できた大会でした。

最後に記念撮影。

160522_01

大会前のミーティングで話した「お泊まりの写生会と言えど『作品』を作るんだという気持ちで制作すること」ということは実践できたでしょうか。
今回の大会を通して、楽しむところは楽しみ、市函美術部の先輩・後輩、そして同級生というお互いを高め合う関係を生み出し、次へのモチベーションにつなげて欲しいと思います。

そして、8月末の高文連美術展に向かって始動していこう。全道・全国へとつながるこの大会、ぜひ今年も頑張って欲しいと思います。

 
 
以上、大会報告でした。