カテゴリー : 高文連全道美術展・研究大会

平成28年度 全道美術展・研究大会の旅


というわけで先日北見市で開催された全道大会に参加してきました。

平成28年度 第50回全道高等学校美術展・研究大会 結果

<作品出品数>
3年 5点
2年 8点
1年 8点
合計 21点

<全道優秀作品>
3年 髙橋 琴美「叫ぶ」・脇 翔吾「陰」・對馬 彩乃「NIRVANA」
2年 八戸 翔「立夏」・吉田 圭佑「たゆたう」・髙田 直稜「大沼 -湖畔-」・前川 春乃「こころ」・清藤 祐輔「いんぱくと」
合計 8点受賞

という結果となりました。
全道大会に21点が出品、全道優秀作品に8点が選出と。手前味噌ながら素晴らしい結果だったと思います。

今年は全国高校総文祭への出場は決めることはできませんでした。
改めて全国の壁は高いのだということを考えさせられました。しかし、その壁は高いのだけれど、越えるか越えられないかは紙一重なのかもしれません。

特に今回全道優秀に選ばれた2年生らは、全国を目指してお互いがライバルとして日々切磋琢磨してきました。
頑張れば誰しもが望む結果を得られるわけではないとは分かっているものの、、、皆相当悔しい思いだったのではないかと思います。

しかし結果は結果。気持ちを切り替えて、この次につなげていこう。
全力を出した結果の挫折こそ、得られるものが多いと思います。まだまだやれるよ、君たちは。
顧問はこれからもそんな君達の後押しを頑張っていこうと思います。次はU21だ。やろう!!
 
 
 
 
 
さて、それではざっくりと遠征レポートを。

10月5日水曜。
函館駅を7時に出発。バスに揺られ揺られ…途中旭川美術館にて休憩。

h28zendou66

一応来ました〜的な記念撮影。総勢26名の大所帯です。

h28zendou68

さて、その後一路北見へ。
到着したのは午後6時半頃…。遠すぎる…。北見は、遠い…。。

翌日10月6日木曜日。
全道大会がいよいよ開幕です。

看板の前で恒例の記念撮影。

h28zendou01

開会式。

h28zendou02

展示会場は北見市民会館。道南の作品は一室まるっと使うようなかたちでした。

h28zendou09

h28zendou08

h28zendou07

h28zendou06

h28zendou10

作品とともに記念撮影。

3年生。いよいよ高文連もこれで最後だね。

h28zendou33

h28zendou25

h28zendou32

h28zendou36

h28zendou37

2年生。みんなほんとよく頑張ったよ…。

h28zendou24

h28zendou26

h28zendou31

h28zendou35

h28zendou34

h28zendou39

h28zendou38

h28zendou44

1年生。夏休みを通してまるでメキメキと音を立てて伸びていくかのように成長していく様が実にすごかったなぁ。。

h28zendou27

h28zendou43

h28zendou42

h28zendou41

h28zendou40

h28zendou30

h28zendou29

h28zendou28
 
 

さて、今回の全道の研修は、アイヌ文様を描こう!というものでした。
部員は皆一生懸命文様作りに励んでいました。

h28zendou20

h28zendou21

途中バスの車内にて昼食。

h28zendou23

お茶を気軽に飲むためにと、わざわざストローを持参してこんな加工をするチャゲ。

h28zendou22

アイヌ文様は壁にまとめて展示されました。結構面白い文様がたくさんありました。

h28zendou55

h28zendou56

その間に顧問は作品の撮影。
気になった作品をピックアップしてみました。今年の全国作品はレベル高かったなぁ…。


 
 
 
 

さて、翌日。
10月7日金曜日、大会2日目・最終日です。

お世話になったホテルを旅立ちます。

h28zendou59

北見セントラルホテルというところに宿泊したのですが、ロビーには実に気になるものがたくさんありました…。

h28zendou60

さて、再度会場へ。
北見はめっちゃ寒かったですが、天気は良かったです。

h28zendou61

h28zendou62

部員たちは実に様々な先生方に作品の講評をしてもらっていました。

h28zendou54

h28zendou53

h28zendou52

h28zendou63

先生方のコメントは金言!しっかりメモをして、今後の作品制作に活かしていきましょう!
お忙しくお疲れの中コメントを下さった先生方に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

そんな全道大会もあっという間に閉会式となりました。
閉会式では、次年度開催の全国高等学校総合文化祭に選出された方々の表彰が行われました。

h28zendou64

そして全体講評。

h28zendou65

さ、いよいよ終わりです。作品の撤収作業を行いました。

h28zendou69

そして、北見から一路函館へ…。午後1時頃に出発し、函館に到着したのは午後10時…。途中若干の休憩を含めて、9時間の移動でした。

正直このハンパない移動のおかげで、顧問は帰り着いてからの3連休、身体がずたぼろになっていました…。長距離移動は身体にこたえる…。。

 
 
 
そんなこんなで楽しみにしていた全道大会遠征も終わってしまいました。
しかしながら、参加した部員はきっと多くのものを得ることができたのではないかと思います。
特に1年生はとても勉強になったことでしょう。来年は全道、そして全国というステージに向けてぜひとも頑張って欲しいと思います。

次は道展U21。今度は50号です。
高文連の30号よりもずっと大きいキャンバスに、君たちはどんな世界を描いていくんだろう。今からものすごく楽しみです。

以上、全道大会報告でした。
応援してくださった皆様に、多大なる感謝とお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


全道大会・研修編~全道メンバーのゆるキャラ大公開!~


さーて公開が遅くなりましたが、皆様お待たせいたしました!
10月頭の全道大会in釧路の研修で制作したゆるキャラを一挙大公開したいと思います♪

渡されたブツは、カラフルな樹脂粘土たちとストラップ、完成品を入れるガチャガチャのケースです。

131011-05

樹脂粘土をそれぞれが思い思いに使い、ゆるキャラを作っていくのであります。

131011-01

131011-02

顧問は室内が妙に暑かったので外に出て作り始めたのですが、意外と潮風が強く、あっという間に粘土が乾いていく…。全然くっついてくれず、その後の制作に大きく支障が…。。(と先に予防線を張っておく)
 
 
 

というわけで、それでは部員が作ったゆるキャラをご披露しまーす!

131011-03

131011-04

131011-06

131011-08

131011-09

131011-10

131011-11

131011-12

131011-13

131011-14

これ、後ろ側はというと……

131011-15

おしり丸出しでしたー!(笑)

131011-16

131011-17

131011-18

131011-19

131011-20

131011-21

131011-22

131011-23

131011-24

131011-25

吐血うさぎの作品をアップし忘れてました^^;ごめんごめん!

131011-31

ちなみにこの吐血うさぎは学校に戻ったあとに大量生産して部員に配布してました。私もふたつもらいました^^

いかがでしたか?
正直言って、部員の作ったゆるキャラのクオリティが高すぎて本気で焦りました。。モチーフとなったのも、イカ・五稜郭・ハセストのやきとり弁当・ラッキーピエロ・函館山・桜・がごめ昆布・ハイカラ号(市電)と、そんなにあったか!ってくらい多彩。いやぁすごい。本当にすごい。思わずこっちが欲しくなるくらいの出来。これはもらえたらうれしいよねぇ。

…で、、、顧問が作ったゆるキャラはというと…

131011-26

うう……俺の作った「イカルンちゃん」を見つめるネスミスの目が冷ややかすぎる…。。
 
違うんですよ、イメージではもっとしっかりしたものになるはずだったんですよ…。
イカ娘をイメージして作ろうとしたんだけど、できあがったものはどこにイカテイストがあるのかわからないものになってしまっただけであって…。。

131011-27

で、でもこれでも結構途中の酷い状態からリカバリしたんですよ…。。

131011-28

なんていうか……もっとみんなが驚愕するようなものになる予定だったのに…中途半端に具体的なデザインにしてしまったのが敗因…。あ、あと潮風に吹かれたあとに水塗りたくってぐちゃぐちゃになって汚くしちゃったのも…敗因…。。。

…が、これはこれで、かわいい…よね…。。かわいいと言ってくれ…(切実)

とまぁそんな感じでした。
そしてみなさんガチャガチャマシーンに投入。

131011-29

専用のコインを入れて、ガチャガチャのレバーを回す感覚…この瞬間が一番気持ち的に盛り上がりますね!どんなのが当たるんだろうというドキドキワクワク感がハンパないです。

全道大会に参加した人たちがあれこれ考えながら作った作品がもらえるって、本当に面白い企画!考えてみれば、いつもはお互いの作品を鑑賞するだけだったけど、作品を交換しあって交流するというのは初めてな気がします。

131011-30

部員らもガチャガチャ回して一喜一憂?!していました(笑)
 
 
 

おまけ。
江差高校十河先生制作のゆるキャラ(笑)

131011-07

これまたシュール。厚沢部の名産品がフュージョンした作品だそうです。さすがですな…!


平成25年度全道・釧路大会の大会報告!


さる10月3日・4日の両日は高文連全道美術展・研究大会、いわゆる美術の全道大会。本校からは21名が参加。かなりの大所帯で函館から釧路まで遠征してきました。

131007a

まず、今回の大会結果についてです。

今回作品点数20点を出品しました。その中で、全道優秀作品に選出されたのが8点、そして、来年度の全国高等学校総合文化祭「いばらき総文」に2年生の中村さんの作品が出品されることが決まりました
これで3年連続で本校から全国総文祭に出品させていただくことになりました。
 
 
 

<平成26年度全国高等学校総合文化祭「いばらき総文」 美術・工芸部門出品作品ならびに「全道優秀作品」選出>

2年 中村 樹里 「風の伝言<メッセージ>」
h25nakamura

<「全道優秀作品」>

3年 黒瀧 舞衣 「ねっこ」
h25kurotaki

3年 塚本  颯 「静寂無人=山の駅」
h25tukamoto

3年 山下 春華 「えがく」
h25yamashita

3年 佐藤  桃 「さよなら」
h25satou

2年 黒島 捺美 「私。」
h25kuroshima

1年 福田  充 「想いを幹に」
h25fukuda

1年 西村 穂花 「未知」
h25nishimura

その他の作品については、後ほど改めてまとめて掲載します。ご了承ください。

来年度茨城県水戸市で開催される全国高等学校総合文化祭には、平面作品10点、立体作品4点の全14人が参加します。選ばれるのは、全道の1・2年生からたったの14人だけなのです。
下は今年度全国総文祭に出品されることが決まった作品と学校の一覧です。

<平面作品>
131007af

<立体作品>
131007ag

選出された作品の学校を見ると、名前を連ねるのはいわゆる全国常連校。今年もなんとかそこに刺さることができました。我らが市函美術部も、だんだん全国常連校と呼ばれるようになっていくといいなぁ…。
そのためには、後輩らが先輩の意志を受け継いで頑張っていくしかないのです。よろしく頼むぜ、1年生たち。そして、まだ見ぬ新入部員たち。
 
 

それでは、改めて全道大会の報告を写真とともに綴っていきましょう。
我々は釧路駅前のルートインに宿泊。会場まではバスで移動しました。

131007ab

会場の釧路市観光国際交流センター。
我々が到着した10月2日は天気がかなり荒れていたんですが、翌日の大会当日は気持ちのよい青空が。思った以上に寒くもなく、釧路の人にとっては夏のような天候だと言っていましたね。

131007b

会場内は作品がズラリ。

131007c

131007d

131007f

立体作品はロビー側に展示されていました。

131007e

隣の釧路芸術館には、今年の夏、長崎県で開催された全国総文祭に出品された作品が展示されていました。

131007g

ねっこ作品も展示されていました。広いスペースに展示されていて、なんか贅沢な気分でした。

131007h

展示中、部員らは各学校の顧問の先生に批評していただきました。
多くの先生方にお声をかけさせていただきました。お忙しいところありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

こちらは札幌北陵高校の菊地先生。

131007i

岩見沢東高校の高橋先生。

131007j

そして江差高校の十河先生。

131007k

その他多くの先生からいただいた助言を、ぜひとも今後の作品制作に活かしてほしいと思います。

さて、会場には釧根支部ならではのおもてなしが。
今回はあえて受付を設置せず、各支部の座席にすでに配布物が用意されていました。

131007aa

通常だと封筒に大量の資料を…となるところが、今回は資料のほかに釧根支部の生徒さんがデザインしたエコバックが。これに入れて持ち歩いてという思いで制作されたそうです。
これは多少コストはかかるけれど、非常に便利なグッズ。大会が終わっても使えるように、あえて大きく「美術全道大会」のような文字は入れていないそうな。これはとても嬉しい配慮です!

そして、研修では樹脂粘土を使って「ゆるキャラ」づくりを各座席で行いました。

131007l

もうね、生徒の作るゆるキャラが素晴らしすぎてビックリ。これについてはまたのちほど改めてブログに書く予定です。
まわりのクオリティが高すぎて、顧問は…もう…自信喪失っていうか…ヤバいです、ホントに(TдT)…なのにちゃんとメッセージカードには「市立函館高校顧問」って書きましたけど(笑)

作ったゆるキャラはガチャガチャのカプセルに入れて、ガチャガチャマシーンに投入。これで全道各地の美術部員のゆるキャラを手に入れることができるというのです。すごい発想だ…!!

131007m

ロミ子らに当たったゆるキャラを見せてもらいました^^

131007n

それにしても、今回の大会は細かいところまでデザインされているというか、作りこんでいるなぁという印象を受けました。
プログラムしかり、バッジしかり、峰ツル子しかり…。あ、「峰ツル子」ってのは今回の全道大会マスコットキャラクターです。ルパン三世の作者であるモンキー・パンチの生まれ故郷がここ道東の厚岸郡浜中町の出身だそうで(wikipedia参照)、そして釧路といえば丹頂鶴。それらが組み合わさって出来たのが峰ツル子なのです。

ちなみにこちらが峰ツル子。これは配布されたクリアファイルです。

131007ah

その峰ツル子はいろんなところに出てくるんですが、例えばこんな表示にも出てきたりね…(笑)

131007o

プログラムにもいっぱい出てくるし、デザインに統一感を持たせることで、今回の大会のカラーをより強く印象づけているのです。
このあたりのデザインについての話は、釧路江南高校の上野先生からいろいろお話を聴かせていただきました。興味のある人は直接顧問まで(笑)。

 
 
さ、それでは全然関係ない写真を。

バーゲン品を見つけて我先にと髪を振り乱して走る線路。

131007p

2年生4人でジャンプ!!

131007q

世界三大夕日をバックに、ポーズを決める3年生たち。

131007r

ていうかどうせならみんなでジャンプした写真を撮ろうぜ!ってことで、夕日を背に大ジャンプ!!

131007s

これはいい記念になったことでしょう^^

しかし、世界三大夕日ってだけあって、とても美しい夕焼けを見ることができました。天気が良くて、本当にラッキーだった…(TдT)

131007t

131007u

131007v

131007w

この日の夜。
我々はあえてホテル食をナシにして、各自で夕食を求めて釧路探検。
女子らは例のスパカツのお店に行ったりしたようですが、我々男子は適当にさまよい歩き、明かりを求めて行き着いた先には…!

131007ac

なんとヤマダ電機の隣に、道東地区では有名なカレー屋、「インデアン」が!!すっかりその存在を忘れてた!!!

131007ae

って、今ブログ書くのに「インデアン」を調べたんですが、釧路には二店舗しかなかったんですね…。だいたいは帯広がメインだそうで…。いやーなんたる偶然。

131007ad

そんなこんなで男だらけのカレー。
なかなか美味しかったです♪鍋持ってきてカレールウ買って帰りたいくらいでした(笑)

 
さて、大会二日目。
最初に全国推薦者表彰式がありました。

131007x

我らがロミ子が全国に選出され、賞状を受け取る瞬間。。相当緊張していたに違いない。

131007y

そして自分の座席に戻るときに見せた安堵の表情。。

131007z

…決してドヤ顔ではありませんよ、ドヤ顔では!(ドヤァ

そして、全国大会報告。
全国大会報告では、うちのねっこがアツくアツく語ってくれました。

131007zz

正直、まさか全国報告でこんなにアツい演説をするとは。
たいてい作品の紹介で終わるんですが、ねっこは、作品にかける情熱、そして市函美術部で頑張ってきた中での部員や顧問への感謝、そしてこれからの自分の目指すものについて本当に熱く、強く語りました。
こんなにも一生懸命3年間を走り抜けてきて、彼女はどれだけ多くのことを学んできたのだろう。どれだけ成長してきたのだろう。そういった思いが走馬灯のように駆け巡り、不覚にも泣きそうになりました。
本当に、彼女がうらやましい。高校時代に、ここまで一生懸命に何かに取り組んだことって、自分には無いから…。それを彼女はやってのけたんだね。
でも、きっと彼女だけではなく、市函美術部の部員はみんなそうなんだと思います。彼女の語りは、市函美術部代表としての言葉だったのかもしれません。

 
 
 
 
すべてが終わり、釧路をバスで出発したのが12時半。函館に到着したのは、午後9時をまわった頃でした。
朝市のそばでバスが停まり、荷物をおろして解散。部員らは帰路につきました。

そんな中、その場で立ち尽くす数名の部員たち。
彼女らは、泣いていました。とうとう、3年間の部活が終わってしまったんだって。
いいようのない喪失感。全力で、本当に全力で取り組んできた3年間。

泣けるんです。一生懸命取り組んできた者は、涙するんです。すごいことだと思います。まだ卒業でもないのに、泣くんです。そう、これでとうとう引退だから…。

 
 
そんな感じで、今回の釧路大会は終了しました。
大会当番支部の皆様、本当に素晴らしい大会をありがとうございました。部員一同、このような大会に参加することができて本当に感謝しております。ありがとうございました!


高文連美術全道大会「旭川大会」無事終了!


10月11日・12日の両日、旭川市で開催されていた高文連全道美術展・研究大会に行ってきました!

121013c.jpg

まずはご報告!!
「全道優秀作品」に本校からは以下の6点が選抜されました!
3年 桶本 理麗「本体」
3年 江口 奈穗「見<エ>ナイ」
2年 鈴木  愛「いつまでも」
2年 黒瀧 舞衣「ねっこ」
2年 笹森 杏菜「いっつ すもーる わーるど。(仮)」
1年 北野 美佳「椅子のある風景」
(作品については平成24年度高文連出品作品一覧をご覧ください)
そ・し・て…
道南支部から全国推薦作品としてノミネートしていていた作品「ねっこ」が、専門委員会での厳正なる審査の結果、見事全国高総文祭出品作品に選抜されました!!

12kurotaki.jpg

次年度長崎県で開催される第37回全国高等学校総合文化祭 美術・工芸部門「2013長崎しおかぜ総文祭」にて展示されます。
これで市立函館高校美術部からは2年連続の全国出品となりました!ヽ(^0^)ノ
応援してくださっていた皆様、本当にありがとうございました。
さて、それでは全道大会の報告です。
■10月10日(水)大会前日
顧問は専門委員会出席のため14時前にはJRで旭川に到着し、会場入りしました。
会場ではピンクのジャンパーを羽織った上川支部の皆さんが一生懸命展示作業を行っていました。

121013r.jpg

15時からは専門委員会。メインは今回の全道大会についての話と全国作品の審査。
例年この審査で相当時間がかかります。今年も例に漏れず審査にはかなりの時間がかかりました。
終了したのは18時過ぎ。ホテルに到着したのはちょうど18時半。夕食の時間に間に合わないかなと思っていたら、ちょうどギリギリ間に合いました。
で、早速部員らと合流して夕食を取っていたところ、そこにやってきたのは札幌北陵高校の皆さん!
いきなりテンションがあがる両美術部員!そしてようやく再会することができた札幌北陵高校のにゅーとんさんと、うちののざわな部長は、会うなりお互い飛びついて抱擁。よかったのぅ…よかったのぅ…・゚・(ノД`)・゚・。

121013q.jpg
121013a.jpg

■10月11日(木)大会1日目
大会当日です。9時前に会場である大雪アリーナに到着。

121013b.jpg

のざわな部長が前日に買ったというカエルの手袋。彼女は「結構高かった」ということを強調していたのでネスミスやねっこと一緒に値段を当てようとしたんですが、結局購入金額を教えてくれませんでした。まったく女心というかのざわな心はよくわかりません。ま、いいや。
開会式が終了後、Aグループの我々は早速旭山動物園へ移動。バスで45分くらいかかりました。
到着直後は雨もまだ降ってなかったんですが、徐々にぱらぱらと降り始めた雨は、いよいよ本降りに…。

121013p.jpg
121013f.jpg

みんな傘を差しながら動き回る動物をスケッチしていましたね。でもさすがに後半はかなり雨が強く、大変だったようです。
顧問は動物の写真を撮ってました。旭山動物園に来るのは18年度の全道大会以来だったので、結構楽しみだったんです(^^;;;

121013d.jpg
121013e.jpg
121013g.jpg
121013h.jpg
121013i.jpg

スケッチ研修終了後は大雪アリーナへ。
描いたスケッチを切り取り提出し、その後は作品鑑賞タイムでした。
さすがに全道大会、質の高い作品がずらりと並んでいました。どれも見応えのある作品です。

121013t.jpg

早速作品の講評をしてもらう部員らの姿も見られました。
張り切って大御所と呼ばれる(勝手に呼んでいる)ような先生方に果敢に講評を依頼しにいくうちの部員…大したもんです…僕には怖くてできません(笑)

121013u.jpg

でもきっとすごくいい勉強になったことでしょう!
講評してくださった皆様、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)m
かくいう私も様々な学校の生徒さんから講評を頼まれまして、あーだこーだ言ってきました。
あくまでも私見なので他の先生方とは違う部分もあるかもしれませんが、様々な見方ができるのが美術のいいところでもあり難しいところでもあると思います。一意見として、参考にしていただければ幸いです。
北陵の子たちの作品の講評もね、させていただきました。
当初は8月の石狩大会のその場でしようと思っていたんですが、全道の会場でお願いしたいと言われていたんですね。なので、張り切って講評させていただきました。
石狩大会4日前に北陵高校にお邪魔した時に何人かの方々にアドバイスというかコメントをさせてもらったんですが、その時に話したこと以上に頑張って作品を仕上げ、全道を決めてきたんです。なので、こちらの喜びもひとしおなわけです。
なんとしてでも全道に行く。全道に行って、市函美術部と再会する。
そして、うちらもなんとしてでも全道に行って北陵美術部と再会する。
この強い想いがあってこその、お互いの結果だったんだと思います。最高じゃないすか。まさか美術部でこんな熱い想いが持てるとは。この2年の内に、生徒のみならず自分も本当に素晴らしい経験をさせてもらえている気がします。
こういう輪がもっと他校にも広げていけたら、きっとさらにおもしろい事になるような気がしますね。
ちなみに、夜はホテルの一室にうちの部員と北陵の部員がごっちゃに集まって夜遅くまで盛り上がっていたようです。
きっとかけがえのない時間を過ごすことができたことでしょう。こういうのはあとになってからすごい事だったんだなぁと気付く事でしょう…。
私はというと…若手と呼ばれる?各校の顧問の先生達6名ほどで秘密の会合を開いておりました。
大変刺激になるいい会だったと思います。これからもっと頑張っていかなくては!という気にさせられました。
■10月12日(金)大会2日目
朝ホテルをチェックアウトした我々は、8時半頃会場に到着。
会場では昨日のスケッチ研修で描かれた作品がベンチに貼られていました。

121013o.jpg
121013j.jpg
121013k.jpg
121013l.jpg

「デコパージュ」という技法で、切り抜いた絵を貼り付け、その上からニスで固めるというものです。
このベンチは旭山動物園に半永久的に置いていただけるとのことなので、将来また旭山動物園に来たときには、ぜひ自分の描いた作品が貼られたベンチを探してみてほしいですね。
結婚して子どもが出来て、その子どもに見せてあげるなんてのも、素敵ですねぇ。
さて、閉会式では全国総文祭出品作品生徒の表彰がありました。
平面作品では10点、立体は4点が来年度の全国に行きます。約1700名ほどいる1・2年生の美術部員の中から狭き狭き門をくぐり抜けることが出来るのは、たったの14作品なのです。

121013m.jpg

表彰を受ける根っこ。さすがの根っこも心なしか緊張していたように見えました。

121013n.jpg

最後は、札幌北陵高校の皆さんと記念撮影。。

121013s.jpg

本当に、記念に残る1枚でしょうね、これ。
以上、全道報告でした!
というわけで、とうとう全道大会も終了してしまいましたね。
結果だけを客観的に捉えれば上々だったと思います。しかし、この現状に満足せず、また来年の高文連に向けてこれから頑張っていかなくてはなりません。もう、次の高文連は始まっているんです。
そのためにも、今回の全道で得たことをこれからの制作に生かしてほしい。
全道に行った人は、きっと様々な事を思ったことでしょう。
「どうしてこの作品が全道優秀に選ばれなかったのか」「全国に行く(行った)作品を実際に見て、何を感じるか」「他校と交流することからは、いったい何が得られるのか」
何かを得ることなく終わったという人は、いないと思います。
ただ楽しい思い出を得るためだけに全道に行ってるわけではないんです。次につなげていくために、それぞれがまた頑張っていかなくてはならないのです。
来年の高文連の前には、道展U21があります。
今回の全道で受けた刺激を原動力に、これからまた頑張ろう。北陵の菊地先生もおっしゃってます、鉄は熱いうちに打て、と。
もう、次が始まってるんです。気持ちを切り替えて、全力で取り組もう!
今回全道行けなかった人たちは、次こそは絶対決めるつもりでこれから頑張って欲しい。
というわけで、全道に参加した人たちはレポートを丸2枚以上書いて提出です。2枚はフルに書くこと。19日(金)を期限とします。講評していただいた内容や見て感じたことを忘れないうちに、さくっと仕上げておきましょう。
そして、U21に向けて各自資料を集めてエスキースすること。2年生は見学旅行もあるから、とにかく早めに動き出すこと。ちんたらやってる奴とか相談に全然来ない奴は置いてくからなー。