新着情報(最新10件を表示)

トピックス

トピックスについて


こちらには本校に関連するお知らせや連絡などを掲載していきます。

2018年1月19日(金曜日)18時10分掲載

いちはこニュース(直近3件のニュースを表示)

2019年3月4日(月曜日)  卒業式の風景


3月1日(金)、第12回卒業証書授与式を挙行いたしました。
前途を照らすような温かな日差しのなか、来賓や保護者、教職員と後輩たちに見守られながら旅立ちの日を迎えた卒業生たちは、皆晴れやかな表情で式に臨みました。

佐竹卓校長は、卒業生の三年間の頑張りに敬意を表しながら、この先困難なことがあっても、‘気高き魂’と‘市函プライド’を忘れずに、何事にも本気で取り組み、昨日の自分を超えられる努力を続けて欲しいと述べられました。

在校生代表の吉田凌君は、学習・部活動・行事における先輩たちの姿は在校生にとって誇りであり、その想いを継承してさらに誇れる母校となるよう、伝統を築いていきたいと送辞を述べました。
第12期生徒会長の田中祐汰郎君は、目標や志を持つことが全ての原動力であるというアドラーの言葉を引用し、自分たちは校訓「何を求める」を指針としながら‘目標’を定めることが出来たと述べ、高校生活の想い出と市函プライドを胸に、未来へ向かっていくとの抱負を語りました。
田中君の言うように、伝統は一つ一つの‘層’であり、市函生はこの先も、良き‘層’を重ねていく責任があります。先輩たちの姿に倣い、在校生・教職員一丸となって新たな志の層を繋げていくことを約束し、卒業生への餞としましょう。315名の卒業生の皆さん、おめでとうございます。お元気で!


2019年3月3日(日曜日)23時57分掲載

2019年1月23日(水曜日)  平成30年度 予餞会が開催されました。


1/22(火)午前、本校体育館にて予餞会が行われました。
開会宣言のあと、三年間の部局活動において優秀な成績を収めた運動部8名にスポーツ賞、文化部局7名に文化賞が贈られました。

吉田生徒会長は、この予餞会全体が三年生へのメッセージであると述べましたが、その言葉通り、1、2年次各クラスの工夫を凝らしたビデオメッセージをはじめ、チアリーディング局の演技や軽音部のバンド演奏、放送局によるビデオ上映は、どれも先輩方への感謝の気持ちが込められていました。また担任団からの温かなエールも、3年次生の心に響いたことと思います。

2019年1月23日(水曜日)14時48分掲載

2019年1月15日(火曜日)  冬季休業明集会の風景


 1/15(火)、24日間の冬休みが終了し、年が明けて最初の登校日となりました。
 休業明け集会の中で佐竹卓校長は、今年は新元号や統一選挙など新しい時代の幕開けとなる年であり、本校にとっては学級減の完成年度に向かう狭間の年として、行事や委員会活動の精選等を行い、これからの歴史に向かって大きく変化を遂げる節目の年になるであろうと述べられました。そのような中にあって、生徒の皆さんには、校訓『何を求める』に沿いながら地道に夢を追い求めて欲しいとお話しされました。また、3年次生には、今週末の大学入試センター試験に万全の体調で後悔のないように臨んで欲しいということ、1、2年次生には、周囲の方々が常に市函生に期待し、応援して下さっていることを忘れないで欲しいと述べられました。

 集会後、教務部長の井守先生より、学年末考査まで約1ヵ月となっていることを念頭に『やるべき時』を意識して学習に取り組んで欲しいとのお話がありました。また、冬場は雪害等やむを得ない場合もありますが、それに乗じた安易な遅刻・欠席が増える傾向にあるので、特に3年次生は残り少ない授業・登校日を大切にするよう述べられました。

2019年1月15日(火曜日)18時14分掲載

»いちはこニュースの一覧を見る

*