「ichihako-art(イチハコアート)」ご案内


「ichihako-art(イチハコアート)」は、市立函館高校美術部の日常を書き綴ったブログです。

toptextbox-img

本校美術部のメインの活動は、主に秋の高文連、冬の道展U21に出品する、各種展覧会に向けての作品の制作です。
高文連美術展においては全道大会に多数の作品を出品しており、また全国大会である全国高等学校総合文化祭にもこれまで数多くの作品が本校から選抜されており、平成23年度から令和2年度までの10年間で8作品が選抜されています。
また北海道美術協会主催の公募展「道展U21」では平成29年度に道展U21大賞を受賞し、また様々なスポンサー賞、優秀賞・奨励賞を数多く受賞しています。その他「函館市芸術教育奨励事業(美術・工芸部門)」「はこだて・冬・アート展」などの公募展等にも出品し、それぞれ結果を残しています。

部員たちは日々楽しく一生懸命活動しています。制作ばかりではなくイベントも盛りだくさんで、春には花見、夏の学校祭ではお化け屋敷を行ったり、また展覧会が近くなってくると合宿を行って泊りがけで制作したり、冬は道展U21での研修を目的として札幌に一泊二日の研修旅行を行ったり。そのほかにもクリスマスパーティ、豆まき、各種お食事会など様々なイベント、五稜郭タワーアトリウムでの校外展など、充実した日々を過ごしています。

2022年9月現在、3年生7名、2年生7名、1年生9名の合計23名が、それぞれの目標を持って日々活動しています。新入部員募集中です!
やる気のある部員、大募集中です!また、高校に入って本気で美術をやりたい!油絵を描いてみたい!という中学生の皆さん、ぜひ市函美術部で我々と一緒に青春してみませんか?

市函美術部の活気ある活動の様子をブログを通して感じて頂けましたら幸いです。


全道大会1日目


新米美術部顧問にとっての全道大会1日目となりました。

全国審査を終えて

小仲実桜 全国へ

おめでとう。

全道大会へ選出された部員達へ

おめでとう。

全てのイチハコ美術部員達へ

最後までやり抜いた貴方達は結果がどうであろうともステキです。

そして、こんな、くだらなくて素敵な結果はすぐに投げ捨てて次に向かおうな。



令和4年高文連支部展


新米美術部顧問にとって初めての高文連となりました。1年生は初めての30号、2年生は勝負の30号、3年生は集大成の30号。
私も色々なコンペに参加してきましたが、伝えたいことはこれだけです。
時間をかけて作ったものが評価される時もあるし、短時間で作ったものが評価されるときもあるし、グランプリを取った人が何も作れなくなって辞めてしまうこともあるし、何も評価されていなかった人が突然表舞台に出てくることもある。続けた人が評価されるときもあるし、続けても評価されない時もある。

それでもとりあえず今は、美術の分野だろうが、そうでなかろうが気にせず次にチャレンジしていこう。

令和4年度 第60回高文連道南支部美術展
出品者
今村美礼 小澤采加 齊藤瑞紀 太田愛里咲
藤井優菜 松田彩 白坂来望 横山大翔
後藤くるみ 本谷涼風 大内澪 小仲実桜
館なぎさ 齋藤美羽 舘山誠央 平野紗羽
三原怜奈 髙沢さくら 中島慎太郎 向山愛羅
村井媛香 松田行

次は全道大会ですね。
道南企画も作れたんで皆にとって面白い旅になることを願っています。


全道大会選抜者

今村美礼 小澤采加 齊藤瑞紀 太田愛里咲
藤井優菜 松田彩 
横山大翔 後藤くるみ 本谷涼風 大内澪 
小仲実桜 館なぎさ 
平野紗羽 三原怜奈 髙沢さくら 中島慎太郎 松田行 


柳星祭


柳星祭が終わりました。美術部も色々頑張りました。
振り返った時に良い思い出になってくれていればいいな


柳星祭まであと少し


今の1.2.3年生はたくさんの想いを背負っている。
それが伝わってくる作品だった。
おのずとキャッチコピーは重くなった。
でも、彼らはそれだけのものを背負っているのだと、感じずにはいられなかった。

柳星祭まであと少し。
一緒に頑張ろうと思う。