「ichihako-art(イチハコアート)」ご案内


「ichihako-art(イチハコアート)」は、市立函館高校美術部の日常を書き綴ったブログです。

toptextbox-img

本校美術部のメインの活動は、各種展覧会に向けての作品の制作です。主に秋の高文連、冬の道展U21に出品しています。
高文連美術展においては全道大会に多数の作品が出品されています。また全国大会である全国高等学校総合文化祭にも数多くの作品が本校から選抜されており、これまでに6作品が選抜されています。(平成23年度から平成30年度までの8年間)
また北海道美術協会主催の公募展「道展U21」では平成29年度に道展U21大賞を受賞し、また様々なスポンサー賞、優秀賞・奨励賞を数多く受賞しています。その他「はこだて・冬・アート展」などの公募展等にも出品し、結果を残しています。

部員たちは日々楽しく一生懸命活動しています。制作ばかりではなくイベントも盛りだくさんで、春には花見、夏の学校祭ではお化け屋敷を行ったり、また展覧会が近くなってくると合宿を行って泊りがけで制作したり、冬は道展U21での研修を目的として札幌に一泊二日の研修旅行を行ったり。そのほかにもクリスマスパーティ、豆まき、各種お食事会など様々なイベント、五稜郭タワーアトリウムでの校外展など、充実した日々を過ごしています。

2019年4月現在、3年生12名、2年生6名、1年生13名の合計31名(男子4名 女子27名)が、それぞれの目標を持って日々活動しています。新入部員募集中です!
やる気のある部員、大募集中です!また、高校に入って本気で美術をやりたい!油絵を描いてみたい!という中学生の皆さん、ぜひ市函美術部で我々と一緒に青春してみませんか?

市函美術部の活気ある活動の様子をブログを通して感じて頂けましたら幸いです。


3年生・引退の儀と最近の様子と取材


今日は卒業アルバム用の部活動写真撮影でした。
全員揃うと32名…!美術部としては、かなりの大所帯です!

って…もう”卒業”だって…!そう、気付けばもう12月に突入したんだもんなぁ…。。

さ、アルバム写真撮影を機に久しぶりに三年生を含めた全員が揃ったので、ようやく新部長に引き継ぐ「引退の儀」を執り行いました。

新部長には、2年生の「パンまつり」が就任。

例年だと副部長が部長になるパターンが多いのですが、様々な事情を鑑みて彼女が部長となったのでした。
これからぜひとも市函美術部の部長として身を粉にして頑張っていただきたいと思います(笑)

そして副部長には、1年生のとっちー。

そしてそして、もうひとり、男子部員の彼が…!(ハンドルネーム決めようか…!)

そう、今までにはない「2名の副部長」となったのでした。なにせ1年生は15人もいて、うち女子は12人で男子が3人という状況を考えた結果、こういう展開もアリなのでは、というね。

そして、最後にこれまで部長として頑張ってくれたもりやからひとこと。

部長もりやと副部長のホノのおふたり、1年間お疲れさまでした。
特に部長もりやはいろんな負担や悩みを抱えながらこの個性派集団を切り盛りしてくれました。毎回部長さんにはいろいろと大変な思いをさせてしまう面がどうしてもあるわけですが、彼女もこれまでの部長同様、しっかりその勤めを果たしてくれました。本当にいろいろありがとうね…!

というわけで、これからは新部長・副部長の3名を中心に動いていくことになります。
彼らには代表として活躍してもらうことにはなりますが、言っても市函の美術部は全員でやっていくことを大切にしている部活なので、お互いに支え合いながら活動していきましょう!
 
 
 
 
ふぅ、ようやくこれで三年生も引退(遅っ)。
あとは各々の進路に向けて一層頑張っていってほしいと思います。って、もう半数くらいは進路決まってるっていうね…!
センター組は、一日も無駄にせず、目標を定めてラストスパート頑張れよーー!!!!まだ1ヶ月以上もあるから、ここで気を抜かずに最後まで頑張り抜いてね!!インフルや風邪にも気をつけてね!!

そして、残された後輩たちはというと…

2月1・2日に札幌市民ギャラリーにて開催される「道展U21」に向けていよいよ始動です!描いている人もかなり増えてはきたけれど、ちょっと今年は取り組みが遅い…!!果たして大丈夫なのだろうか…。。。
こちらもね、もう1日も無駄にはできないね。50号はやっぱりデカい!普通に考えたら高文連の30号より時間がかかるわけです。
これから年末に向けていろいろと忙しくなると思うけど、部活動の時間は全力で制作に打ち込もう!!もう、やるしかないよ!!!

それと、本日は函館新聞の記者の方が来校し、全国高総文祭に出品が決まった1年生が取材を受けました。

頑張って制作についての話をあれこれとしておりました。
最後は作品のレプリカとともに写真撮影。うむ、表情がやや硬い…(笑)誰かに笑わせてもらえばよかったかな?(笑)

彼女の記事については、おそらく近日中に函館新聞に掲載されることでしょう。ちなみに来週は道新から取材を受ける予定です^^


忘れた頃にやってくる、ある種の恒例行事…


それは、ちょうどひと月前。11月1日の出来事でした。

この日は会議があったため部活に顔出すのが遅くなってしまって。
さーようやく美術室に戻れるぜーみんなデッサンやってんのかなー!と会議が終わった開放感もあったのか、元気よく準備室から美術室へつながる扉を開けると…
 
 
 
 
あれ?なんかみんなの視線がいつもと違う……?

ふと見渡すと、机が片付けられて教室内が飾り付けられてる…。。ああ、一日遅れのハロウィンパーティでもやるのか、そういうことか。。

で、まぁいいか、パーティの準備中だったのね…と思っていたら……
 
 
 
皆の笑いとともに1年部員がやってきてそっと準備室に押し戻されました。
 
 
 

………ん??
 
 
 
 
あっ、準備室の扉になんか貼ってある……

なんか、こんなの前にもあったな…。。しかし、なぜタカトシさん…。。

最初入ったときには、この紙に気づかなかったんです。早く部活に行こうと、テンションやや高めに扉を開けたんで…。

は、もしかして、そういうこと、なのか…!
 
 
 
 
…10分ほど経った頃。
ノックで呼ばれたので、扉をおそるおそる開けてみると……

ぬっ

な、なんか、いる…。。

そして、教室の中央には…

なんとなんと、立派なバースデーケーキが…!!

そう、今年はついに忘れ去られていたと思っていた顧問の誕生日を祝ってくれたのでした…!!(ちなみに誕生日は9月2日。。)
毎年9月の頭は支部展が終わったあとで、考査直前というのもありそれどころじゃない、と…。
ま、これもまた例年どおりの展開ではあったんですが、今年はそれにしたって2ヶ月後のサプライズだったわけで…(笑)

そう、思い起こせばただひとり、誕生日の当日にみみみちゃんだけが授業の時に「先生おたんじょうびおめでとうございます〜」と声をかけてくれたんです。ていうかそれだってよく覚えてたな…って話なんですけど、それだけであとはなんにもなかったので、ああ、まぁそんなもんだよね、いろいろ忙しくてそれどころじゃないもんね、って思っていつつもこっちも出張やらワークショップやら演劇部のものづくりやらで忙しく、素で忘れていたところでのサプライズ。普通にハロウィンパーティだと思ったもんなぁ…。。

プレゼント、もらっちゃいました…。

開けてみると…うむ?なんだこれは…

なんと、マッサージ機でした(笑)ちゃんと電池もついてました^^;

毎年恒例の寄せ書きもいただいちゃいました。

矢印の方向に引っ張ると、カードがくるくると動いて次から次へとめくれるようになっているという…ちょっとすごい…。

こんなのが暗闇に立っていたらビックリしますよね…(笑)

ちなみにケーキですが、函館の超有名パティスリーである「スナッフルス」のケーキだそうで…!生クリームたっぷりだけど甘すぎず、フルーツがとっても美味しい!いつまでも食べていられるケーキだったのでした♪
まさか学校でこんな美味しいケーキをいただけるとはね…ちょっと感動しちゃいました(*´∀`*)
 
 
 
というわけで、報告が一ヶ月も遅くなっちゃいましたが、そんなことがありました、って話です^^;
毎年毎年いろいろ工夫を凝らしてサプライズしてくれる美術部のみんなが大好きです。みんなありがとう…。・゚・(ノ∀`)・゚・。


札幌大谷大学による「がんばれ!美術の時間」の様子。


10月12日土曜日に、本校を会場として札幌大谷大学さんによる「がんばれ!美術の時間」が開催されました。

この「がんばれ!美術の時間」は、札幌大谷大学さんが全道各地で開催するワークショップで、今回は油彩基礎・アクリル画・クロッキー・鉛筆デッサン(初級・中級)の5つの講座が開講されました。参加者は本校美術部員をはじめ七飯高校、江差高校、遺愛高校、上磯高校、上ノ国高校、函館西高校の部員、全34名が参加し、それぞれの講座を受講しました。

美術室では油彩の講座が行われました。

そして、青雲記念館という講堂のようなスペースでは、クロッキー、アクリル画、デッサンの講座が行われました。

油彩画の講座では、組まれた基本的なモチーフを複数人で囲んで制作を行います。

今回入部したての部員は、大谷大学の川口先生より丁寧に制作の基礎を説明してもらっていました。

アクリル画の講座の様子です。講師は松村先生です。

アクリル絵の具とモデリングペーストを使い、パネル表面にでこぼこを作ってそこに色を乗せ、筆だけでは表すことのできない表現の技法を学びました。

人物クロッキーの様子。

今回のクロッキーは、函館でバレエを習っている生徒さんにモデルを依頼して実現した講座です。20分間という時間でクロッキーを何枚も描きました。なかなかバレリーナをモデルに描くことなんてできませんよね。貴重な体験です。

骨格見本を用いて説明を行う佐々木先生。

個別に指導をしてくださいました。

鉛筆デッサン講座では、村井先生が担当してくださいました。

それぞれが組まれたモチーフを描きます。

中級のデッサン講座ということで、美大受験につながるデッサンの指導を受けることができました。

こちらでは静物デッサンの基礎を学んでいました。講師は平向先生。

基礎形態である直方体をデッサンする上でのポイントなどを丁寧に指導されていました。

青雲記念館を広々と使ってそれぞれの講座が行われ、普段では見かけない美術の空間がそこに広がっていました。なんかいい。

油彩基礎の講座。それぞれの制作が進んでいます。

油彩画の合評会の様子。川口先生が各作品に対して講評をしてくださいました。高校生たちはそれを真剣に聴き入っていました。

クロッキーの合評会の様子。

クロッキー体験は、前半が20分のクロッキーを複数枚描き、後半はデッサンとしてじっくり制作しました。

鉛筆デッサンの合評会。
それぞれが制作時のアドバイスをもとに完成を目指して一生懸命制作しました。

アクリル画の合評会。
技法を活かして筆の塗りだけでは表現できない不思議な世界観を制作しました。

午前中より開催された「がんばれ!美術の時間」も、夕方4時前にはすべて終了。
生徒たちはとても楽しく美術を学ぶことができたようです。普段なかなか体験することのできないことや、デッサンや油彩画の基礎を改めて学ぶことで、きっと今後の制作に活きることかと思います。
この場をお借りして札幌大谷大学の皆様に感謝とお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、次回は…また再来年、といいたいところですが、実施する価値を考えるとまた来年も開催していただきたいくらいです^^
道南の美術が好きな高校生たちにもっともっと参加してもらいたいなぁと強く感じました。だって絶対楽しいもん…!
次回開催する際は、もっと多くの人が集まることを期待したいと思います♪


【!全国総文祭出場決定!】全道大会参加レポート!


10月3・4日の両日、伊達市にて開催された全道高等学校美術展・研究大会に本校美術部員27名で参加してきました。

というわけでまずは報告!

本校1年次の佐野さんの作品「めざめ」が、来年度高知県にて開催される全国高等学校総合文化祭に北海道代表作品として出品されることが決定しました!!

10月2日の全国審査において、全道大会に出品された平面作品450点のうち1・2年生の作品から10点が北海道の全国代表作品として選抜されるのですが、その10点に彼女の作品が選出されたのでした。
市函美術部からは今回で全国総文祭に7回目の出品となり、1年生としては初の全国出品となります!おめでとう!

審査結果を聞いて喜ぶ部員たち…!部員から全国出品者が出るということは、一緒に描いていた仲間としても嬉しいことなのです。

また、全道優秀賞には本校から8点の作品が入賞。

洞爺湖の花火も祝福しているかのように見えました。毎日上がってるんだけど(笑)

というわけで、市函美術部の今回の全道大会での結果です。

第53回全道高等学校美術展・研究大会 全国推薦作品

1年 佐野 碧華 「めざめ」

第53回全道高等学校美術展・研究大会「全道優秀賞」

3年 森谷 美友 「夕暮れ時は盲目になる」
3年 岡部 もな 「ポシェットにいれて、」
3年 清水 美菜実 「口から出た空しさが」
3年 白川 恵理 「May」
1年 佐野 碧華 「めざめ」
1年 田中 快 「一世界」
1年 斉藤 璃音 「過ちすら愛して」
1年 中川 志衣 「ウツセミ見つめて」

 
 
 
さて、それでは全道大会報告レポートです。

まずは、作品展示会場となる伊達市総合体育館前にて記念撮影。今回は27名を引率して全道大会へやってきました。

展示会場の様子。整然と並べられたパネルには、全道各地から集まった作品がきっちりと並べられています。

開会式の様子。

開会式のあとは、さっそく研修です。
道南支部は道北支部と一緒のグループで、皆で風車を作ります。
大ホールのステージ上が私達のグループの制作場所でした。

開会式が終わってからブルーシートを敷いて制作場所の設営を頑張って行っていたのですが、それを見た2・3年生たちが「よし、手伝おう」と自分たちから動いて係の生徒さんたちを手伝っていました。顧問から言わなくてもすっと動けるのは大したもんだなぁと感心して見ていました。

制作風景。

私達のグループは「太陽」をイメージした風車を作りました。それぞれがいろいろ考えながら箔シールをカットして貼っていきます。

カラフルでそれぞれの個性が表現された風車を制作しました。

昼食は外で。いつもだとこの時期はもう結構寒いイメージなんですが、この日は暖かかったなぁ。

そんな感じで外でのんびりしていると、芝生の方から声が。
当番支部の生徒さんが「道北・道南支部の皆さーーん、竹竿はこちらでーーす!」と拡声器で呼びかけています。
でもきっとまだ皆さんホールで制作しているから出てこないだろうなぁ…と思っていたんですが、あまりにも何度も何度も繰り返していていたたまれなくなってきたので…

ちょうどカルチャーセンターから出てきた3年生に声をかけて持っていってもらいました。

昼も過ぎ、風車の設置タイムも近づいてきました。

今回は自然の空間に人工物を配置する空間芸術、いわゆるインスタレーションを参加者全員で行うというものでした。
江差高の十河先生の場所を中心として、太陽をイメージした円形になるよう、芝生にそれぞれが制作した風車を設置していきます。

風が吹くとキラキラと輝いてクルクル回る風車はとても綺麗でした。

設置後は、作品を鑑賞します。
カルチャーセンターのロビーには、今年度佐賀総文に展示された北海道の全国作品が並んでいました。改めて作品を鑑賞。やっぱりクオリティ高いな…。

作品鑑賞の様子。

音威子府高校の椅子が顧問的にはツボでした。一応木工出身なので…。

よく考えられて作られていて、非常にクオリティの高い椅子でした。

全道参加者は作品と一緒に記念撮影。

3年生は10点の作品が並びました。

うち4点が全道優秀賞を受賞したのですが、今回初めて全道優秀賞を受賞した部員はそのうち3名。きっとその喜びもひとしおだったのではないでしょうか。
最後の高文連、それぞれ出し切れたかな。
 
 
 
2年生は4点。

これはオマケ(笑)

2年生はそもそも部員数が6名のため全道出品点数も他の学年と比べると少なめですが、うち初全道が3名ということで昨年から比べるとぐっと成長してきたと感じています。
 
 
 
1年生。1年生は7点が展示されました。うち4点が全道優秀賞を受賞。

今年はまさかの1年生が全国総文祭への切符を手にし、また全道優秀賞にも4名が入賞ということで、とても素晴らしい結果でした。
今年全道出品に手が届かなかった6名(高文連後に2名入部したから正確には8名)は、ぜひ来年こそ全道出品、いやそれ以上を目標として頑張ってほしいですね。
 
 
 
翌日。大会最終日。
閉会式に先立ち、全国表彰式がおこなわれました。

くっ…ベストなポジションをキープできなかった…。。

全国に出品される作品数は、1・2年生の作品から平面作品10点、立体作品4点の計14点だけが選抜されるというとっても狭き門。そんな中、1年生で全国総文祭出品という結果は本当に素晴らしいと思います。

全国報告。さすがは全国といえる作品がたくさん紹介されました。
…そういや今年の全国作品の写真、どなたかいただけないでしょうか…。。

大会総評。札幌国際情報高等学校の富永先生から今回の全道大会についてのお話がありました。
その中で気になった作品ということで5点講評があったのですが、

本校の部員の作品が1点紹介されていました。彼女も嬉しかったことでしょう。作品のタイトルが「若干」違うのはご愛嬌(笑)
 
 
 
そんなこんなで閉会式も終わりました。

部員は、この大会で何を学ぶことができたでしょうか。
部員は、いろいろな先生に作品の講評をいただいていました。講評してくださった顧問の先生方、お忙しいところ誠にありがとうございました。

北陵の菊地先生に至っては、バドミントン部への入部を薦めていました…このネタもなんだか久しぶり(笑)

さ、いよいよ大会も終わりです。
昼になり、搬出作業が一斉にスタート。あっという間に作品が壁面から剥がされていきました。真っ白…。。

しかし、搬出作業時のこと。
だらだらおしゃべりしながら眺めているだけの部員を見ていて、いよいよたまらず軽くキレてしまいました。
一生懸命動いている先輩たちがいるのに、なぜそこで自分たちが代わって動こうとしないのか。3年生たちにやらせていて恥ずかしくないのだろうか。もう帰る気満々でリュックとかしょってるとのか、ポケットに手を突っ込んでヘラヘラしているのとか、むしろ何もしないなら邪魔だとなぜ気付かないのか。自分の作品降ろしたら終わった気になってるのとか、どうなんだ?来年は自分たちがメインで動かなきゃならないのに、いつまでたっても未だにお客さん気分なんだろうか。

ブルーシート敷きのときはあえて言いませんでしたが、当番支部の先生方が少ない人数で一生懸命準備しているその状況を理解し、顧問が言わなくても自分たちから動いて手伝い、協力していましたよね。その動きに気づいていた人もいたはずなのになぁ。姿をぼーっと座席から見ていた人は、何を思っていたんだろう。
竹竿のときも外でのんびりご飯食べていながら声を聞いていたはずなのに、何もできないとは。
これまでも支部展の時や地区大会の時などの節目節目で、言われなくても考えて動けよとミーティングで散々言ってきたはずなのになぁ。

言われなきゃ気付かない、言われないから何もしない。もうそういうの早く卒業しよう。自分から気づいて考えて動ける人にならなきゃ。一人でできないならお互いに声を掛け合って、今何をすべきなのか、何ができるのか、どう立ち振る舞うべきなのかを考えて行動できる人になろう。自分はいいやー他の人がやってくれてるからいいやーとかっていう考えの人は、さっさとその考えを改めよう。

そんな人は、絵だけ頑張って描いてても、全く協力する気になれないんですよ。いくら上手に描いていたとしても、いい結果が出たとしても、心の底から応援しよう、褒めてあげようという気持ちになれない。また、あれほど忘れるなと言っていても上靴を忘れる人とか、スマホを落としても報告せず、別の場面でそれがわかっちゃう人とかさ…そんなんで大丈夫か、って気になっちゃう。

制作する上で大切なのは、結果よりも過程なんです。それは、制作の過程だけではなく、日常における様々な行動すべてが過程なんです。そしてそれらはすべて作品ににじみ出るんです。だって、作品はその人を映し出す鏡なんだもの^^

気付こう。様々なことに。
今回の全道で得たことは、作品が素晴らしかったーとか夜が楽しかったーとかそういうことだけじゃないですよね。集団行動における自身の立ち振る舞いや、当番支部に対しての感謝の気持ち、ここまで来ることができたことは誰のおかげなのか。そこを理解してほしい。それがわからないと、誰も応援してくれなくなるよ。しっかり人間的な成長をしていってほしいと思います。

すみません、説教臭くて申し訳ない。でも、見てる人は見てるんだぜーーそういう振る舞いって。よりよく活動していくためにも、これからいろんなところで頑張っていける美術部であってほしいと心から思う顧問なのでありました。。
 
 
 
今回全道大会を運営してくださった室蘭支部の皆様、道高文連美術専門部事務局の皆様、そしてその中心の当番校である室蘭清水丘高校の顧問の先生をはじめ大会に携わった多くの皆様、この場をお借りしてお礼申し上げます。素晴らしい大会をありがとうございました!
来年は十勝支部、舞台は帯広です。十勝支部の皆様、来年よろしくお願いいたします。
 
 
 

というわけでおまけの写真をば。

ホテルの夕食風景。大人っぽい夕食でした(笑)

ホテルロビーに置かれていたインスタ映え?するボード(笑)

顧問が専門委員会に出席している間、道南支部は昭和新山方面に研修(というか見学)に行っていたんですが、その時の様子。
クマ牧場に行ったりロープウェイで山に登ったりと楽しんできたようです。部員に送ってもらった写真からその雰囲気が伝わってくるかと(笑)

うむ、いい思い出になるといいですなぁ…。

さぁ、次は道展U21だ!
ボーッとしてるとあっという間に年末になるぞー!今回学んだことを活かして、もう次に向けて全力で動いていきましょう!目指せ、道展U21大賞!!