「ichihako-art(イチハコアート)」ご案内


「ichihako-art(イチハコアート)」は、市立函館高校美術部の日常を書き綴ったブログです。

toptextbox-img

本校美術部のメインの活動は、各種展覧会に向けての作品の制作です。主に秋の高文連、冬の道展U21に出品しています。
高文連美術展においては全道大会に多数の作品が出品されています。また全国大会である全国高等学校総合文化祭にも数多くの作品が本校から選抜されており、これまでに6作品が選抜されています。(平成23年度から平成29年度現在まで)
また北海道美術協会主催の公募展「道展U21」では平成29年度に道展U21大賞を受賞し、また様々なスポンサー賞、優秀賞・奨励賞を数多く受賞しています。その他「はこだて・冬・アート展」などの公募展等にも出品し、結果を残しています。

部員たちは日々楽しく一生懸命活動しています。制作ばかりではなくイベントも盛りだくさんで、春には花見、夏の学校祭ではお化け屋敷を行ったり、また展覧会が近くなってくると合宿を行って泊りがけで制作したり、冬は道展U21での研修を目的として札幌に一泊二日の研修旅行を行ったり。そのほかにもクリスマスパーティ、豆まき、各種お食事会など様々なイベント、五稜郭タワーアトリウムでの校外展など、充実した日々を過ごしています。

平成30年7月現在、3年生12名、2年生13名、1年生6名の合計31名(男子4名 女子27名)が、それぞれの目標を持って日々活動しています。
やる気のある部員、大募集中です!また、高校に入って本気で美術をやりたい!油絵を描いてみたい!という中学生の皆さん、ぜひ市函美術部で我々と一緒に青春してみませんか?

市函美術部の活気ある活動の様子をブログを通して感じて頂けましたら幸いです。


教育大函館校の大学祭イベントに参加してきました!


10月13日土曜日。秋晴れの気持ちいい日です。

この日は北海道教育大学函館校さんの大学祭。いろいろ縁がありまして、オープニングに我らが美術部が参加してきました!

朝8時集合。顧問は朝から調子悪くて、それでもなんとか8時ジャストに駐車場入りしたんですが、とっくにみんな到着していました^^;
ま、1時間以上遅刻してきたある一人を除いてはですが…。。(-_-;)

というわけで、実行委員の学生さんと打ち合わせ。

午前10時。いよいよ学祭スタートのオープニング!
そして、我らの出番は10時15分からでした。

今回、市函美術部の出し物として、毎年春の部活動紹介で行っている「早描き」を披露しました。
果たして今回は誰の絵を描くのでしょうか…?!

早描きの風景は撮影した動画からスクリーンショットで画像を切り出しているのでちょっと画質が悪いです…勘弁してください…。
さぁ、トレードマーク?の帽子のようなものが見えてきましたね。

あ、分かる人には分かる感じになってきましたかね…?!顔にペイントされているのは、星のかたち…?!

というわけで、完成です!!わかりますかね?!

みんなで一緒に!はい、レボリューーション!!!
そう、今回はお笑い芸人の「ゴー☆ジャス」さんを描いたのでした!
実はこの教育大函館校の大学祭にゴー☆ジャスさんが来られるとのことだったので、それならそのイベントでぜひゴー☆ジャスさんを早描きで描きたい!となったのでした^^
大学生の皆さんに音楽に合わせて手拍子をいただいたり、歓声を上げていただいたりと温かく見守っていただきながらのパフォーマンスとなりました。ありがとうございました♪

完成後、えりつんに文字を書いてもらい…

記念撮影☆

これまでバタバタしながら準備してきましたが、無事にパフォーマンスできて一同ほっと胸をなでおろしました^^

終わったあとはみんなで片付け。

さて、このあとは実行委員さんの粋な計らいにより、なんとゴー☆ジャスさんのイベント終了後に一緒に記念撮影を撮っていただけるということに!!
ならばそれまで大学祭を満喫しようぜ!と、出店でいろいろ食べて楽しみました♪

天気が良くて気持ちいい日でした^^

ハマチが油そばを手にしていたので食レポをさせてみたんですが、なかなかのポンコツっぷり(笑)

そしたら、「せんせい、こんなのひとくちでいけますよ…!」と……大口あけて放り込んでました。

ピリ辛から変なとこに入るとむせるんですよね。

さて、そうこうしているうちに、いよいよゴー☆ジャスさんのイベントの時間に!体育館へダッシュ!!

おお、テレビで観たことある人や…(笑)マダガスカル!ってポーズが決まってます!

開催前に実行委員の方から「カメラ等での撮影は禁止です〜」とあったのに、当の本人は「どんどん写真撮ってツイッターやインスタにアップしてくださいね!」と(笑)
「でもその際はハッシュタグに「ゴー☆ジャス」と入れてね!あとから検索してチェックするからね!!」という念の入れよう(笑)
まぁ、拡散されることも一種の営業活動みたいなものですからね…いろいろ大変だなぁと^^;

観客が写真を撮りやすいようにちょっとずつ動いてくれました(笑)またネタがゴー☆ジャスさんを知っていれば安心感?のある「いつもの」ネタ。なるほど大学祭などでの営業実績の評判が高いのも伺えます(笑)

テレビで見るよりも実際に目の前で披露するネタは、ライブ感もあってすごく面白い…!!
部員も大笑い。笑いのツボが浅いえりつんはずっと笑ってるし、ハマチは腰が砕けて座り込んでしまうほどに、大笑い(笑)

あの人きっといい人だな…と感じさせられましたね。なんていうかな、ゴー☆ジャスさんの人の良さが実に出ているライブでした。
クイズの場面で「わたくしゴー☆ジャスの職業は、なんでしょーーか??」という問いに対し、ちびっこは「ユーチューバー!!」と全力で回答し、「そ、それはあとから言うネタだったんだけど…先に言っちゃうんかい…!」と、ゴー☆ジャスさんもやや困っちゃう、ネタバラシみたいな場面もあったり(笑)

いやー実に面白かったですね!楽しい時間を過ごさせていただきました♪♪

そして、そのライブのあとには……

函館を指差し、レボリューション!!!

はい、というわけで、そんな感じの大学祭参加レポートでした♪
この場をお借りしまして、教育大函館校の大学祭実行委員の皆様にお礼申し上げます。参加させていただきありがとうございました。
ちょっと部活の中でやるべきことが立て込んでいる時期で、3年生もほぼ引退状態で人も居ない中だったので正直うまくいくか不安だったのですが、なんとか無事に実施できてよかったです。1・2年生だけで行う学外での活動ということで、とてもいい経験をさせていただきました。ありがとうございました。

ハマチも終始テンション上がってましたね。ブログ案件となる写真が多い…(笑)

キングの後釜はハマチだな…(笑)

あと、ゴー☆ジャスさんのツイッターに大学祭の様子が掲載されていました♪

ウチらの発表を上空から見守っていてくれていたようです…(笑)

全然気付かないタイミングでちゃんと作品の前で記念撮影までしてくれていました^^
うーん、これはファンになっちゃうね…(笑)


平成30年度高文連出品作品まとめページを作りました。


今年度の高文連出品作品について、平成30年度高文連出品作品集のページにまとめました。

…実はブログの一番上にひっそりとリンクがあるんですが、見て分かる通り過去の作品については全然まとめられていないという…。すみません…。
今回はたまたま出品前に写真をしっかり撮っていたので、一気に作ることができたのでした。もしよかったら見てみてください。

平成30年度高文連出品作品集


平成30年度全道大会遠征レポート!(写真多いです)


10月3日〜5日までの3日間、高文連美術全道大会が小樽市民会館にて開催されました。
その全道遠征の様子を写真でレポートしたいと思います。今回は部員28名を引き連れての参加となりました。

まずは結果から。
今回は本校から全道に出品した点数は24点、その中から「全道優秀賞」に以下の部員が入賞しました。

平成30年度全道高等学校美術展・研究大会「全道優秀賞」
3年 長内 絵美 「碧海のガレリア」
3年 伊藤 愛未 「失」
3年 岩瀨 小夜 「大人になるのはやさしくない」
2年 三浦 琴 「ときめきをさがして」
2年 森谷 美友 「まなざし」
2年 土橋 茜音 「blight」
2年 朝緑 明日花 「reset」

以上7名、おめでとうございます!!
 
 
 
以下は全道に出品した部員を作品とともに。

3年生。11名が全道大会に出品しました。

2年生。今年は2年生12名全員が全道に出品することができました!

1年生。来年はぜひみんなで全道に行きたいね!

そして、今年は全国高総文祭北海道代表枠には入ることができませんでした。やはり全国の壁は高い…また来年頑張りたいと思います…!
 
 
 
 
さて、全道大会の様子。

3日間とも天気が素晴らしく良かった!
作品は小樽市民体育館に展示されていました。

北海道の各支部から勝ち上がってきた作品たちは、どれも見応え十分…!

今年の信州総文に出品されていた北海道代表作品も展示されていましたね。

さて、開会式が始まり、最初の研修は現代アート作家であり東京藝術大学美術学科長である「日比野克彦」氏による講演がありました。

著名なアーティストによる講演は、通常であれば全国大会レベルでしかなかなか行われないため、とても貴重な機会となりました。

そして、日比野氏が全道大会で展示されている作品について気になったものを講評してくださったんですが、うちの作品からは部長おしゃないの作品と、1年生の作品が…!これは本人たちもテンション上がったのではないでしょうか。

講演の最後では、3名の高校生を壇上に上げてちょっとした実験的なことを行い、終了しました。

同時に同じことを指示しても、それぞれで違う捉え方をして違った表現となるわけで、でもそれも間違いではない。自由で型にはまらず、自分の表現を信じてやっていきましょう、ということでした。

この講演を聞いていてすごく感じたのは、なんていうか、今回のうちの作品にもつながる話だなぁと。
今度ミーティングでも話そうと思いますが、次のU21でどう殻を破っていけるかがキーになる気がします。

さ、講演も終わりました。
体育館入口付近では、北海道150年記念事業である巨大な油彩画の制作が行われていました。

この150年記念事業は、全道から選ばれた部員たちによる共同制作。本校美術部からも「どばし」が選抜メンバーとして名前を連ねており、原画の部分から参加しています。
…が、台風の影響などで実際の制作は実はこの全道大会が初めて。よってどばしは全道大会に参加しているものの、この共同制作のほうを優先して制作しなくてはならないため、会場に残ることに。
これ、なかなかの大作なんですよ。代表の生徒さんは本当にお疲れ様です…。

さてさて。
バスに乗って小樽市内のスケッチに出掛けます。

到着したのは、小樽運河。

というわけで、どばしが150年のほうにかかっていて居ないのですが、まぁせっかくの運河ということで記念撮影。

ザ・観光名所ってことで、人がたくさんでしたね。

しかし天気が良くて実に気持ちいい!観光日和でした^^

おっ、向こうから歩いてくるのは、うちの部員ですな…!

研修メニューである小樽市内のスケッチは、配布されたスケッチブックに風景などをスケッチするというものです。
それぞれが一応準備してきたペンや色鉛筆などの画材でスケッチをしていました。

小樽運河は小波が落ち着いているときが綺麗です。なんか秋っぽいなぁ。

顧問もちょっとスケッチしたりしながら部員探しも兼ねて、てくてくとお散歩開始。

旧手宮線跡地はなんだか風情があっていいところですねぇ。

いっぱい人が集まっているところがありました。このあたりは建物の雰囲気がいいんですよね。

おおっと、やはりうちの部員もいました。キングとたぢかのコンビ。

おきゃべも座り込んでせっせとスケッチしていました。

ガースーとまなみんも仲良く並んで描いていましたね。

そんなこんなで皆頑張ってスケッチ研修に取り組んでいたようでした。
夕方、またバスに乗り込み小樽市民体育館へ戻り、スケッチを提出し、作品をもう少し見たい部員はそのまま会場で作品鑑賞、顧問は全国報告のリハーサルの関係で隣の市民会館へ。
リハーサルが終わったところで、今回の大会を見に来てくれたOGたちと合流し、小樽の街を散歩したりしました。

「かま栄カフェ」まで歩いて行ったものの、残念ながらオーダーストップ…。。でもかまぼこをパンにくるんで揚げた「パンロール」は無事ゲット。美味しかったです♪

夜の小樽運河も一応撮ってきました。

絞りまくってスローシャッターで撮影したら、光芒が出すぎてやけにうるさい写真になっちゃいました^^;

翌日、最終日。
全国高総文祭の表彰式が行われました。いいなぁ佐賀総文…行ってらっしゃい!

その後は、今年の全国高総文祭に参加した生徒3名からの報告会。
うちのさよちんは一番最初に発表しました。しっかり自分の言葉で堂々と発表していました。

そして、今回が最初で最後となるであろう、北海道150年記念事業の共同制作に参加した面々が壇上に。
後ろにある作品が、今回共同制作を行った油彩画です。とても素敵な作品でした。

この作品はレプリカが作られ、全道各地の美術館に展示されるそうです。函館美術館にも来るらしいので、皆で観に行かなくては…。
どばしをはじめ、皆さんお疲れさまでした。
 
 
 
 
そんなこんなで閉会式も終わりました。
今回某高校からペンギンの立体作品が出品されていたんですが、ペンギン大好きなおしゃないがそれに興奮していたら偶然にも作者さんと出会うことができ、えらいテンションで盛り上がっていました。

今回の研修で参加者が描いたスケッチが張り出されていました。
なかなか味のあるスケッチが多かったですね。水彩で色付けされているものもあったりペン一本で描かれたものがあったりと、結構雰囲気のある作品が多かったです。

このあと各校の生徒さんから講評を求められ、作品について講評させていただきました。
あくまでも一個人として感じたことですので、鵜呑みにしないで参考程度に聞いていただけたらと思いながら、一生懸命話しました。
閉会式前にも多くの生徒さんから声をかけていただいたのですが、作品の写真撮影があってあんまり多くの人と話せなかったのが残念です…申し訳ない…。。
うちの部員も時間がない中、各校の顧問の先生から講評をいただきにまわっていました。講評してくださった顧問の皆様、この場をお借りしましてお礼申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)m

午後0時をまわったところで、一斉に作品の撤去作業が始まりました。

というわけで、今年の全道大会もこれにて終了です。
今回当番支部となった後志支部の皆さん、大会運営本当にお疲れさまでした。とてもいい全道大会でした(*^_^*)
来年は室蘭清水丘高校が当番校となって全道大会が開催されます。来年の全道、そして全国出品を目指し、またこれから部員一同頑張っていきたいと思います。

はー、全道大会もこれで終わりました。
今回全道に参加してたくさんの高校生の作品を鑑賞し、また専門委員として全国候補の作品審査を通して、いろんなことを考えました。
多分うちの部員も全道の作品を鑑賞しながらいろいろ感じたのではないかと思いますが、道南、ていうか市函の作品はよくは描けているんだけど、もう少しオリジナリティ、挑戦が必要かな、と。独自の世界観をもっと恐れずに表現していって、誰にでも描けるような作品ではなく、自分だからこそ描ける、創ることができる作品をもっと目指してもいいなぁと改めて感じさせられました。

技術は練習すれば身に付くものであり、いわゆる「上手く描く」のは慣れれば誰でも描ける。その技術や技法を土台として、もっとその人ならではの思い切った発想をどんどん膨らませて作品にしていってほしいと思います。
失敗してもいい。唯一を目指していこう。道展U21はまさにうってつけの公募展。さっそく今回で受けた刺激を大切にして、次につなげていってほしいな。。

さ、また始まるね。
3年生もいよいよ引退、これからの1・2年生の成長がどうなっていくか楽しみでなりません。がんばりましょう…!!
 
 
 
 
おまけ。
今回宿泊した朝里クラッセホテルにはプールがあるということで……

なんと皆でプールに入るという展開に(笑)
さすがに顧問は入りませんでしたが、かなりの人数がプールで遊んだようです。写真はおしゃない部長からもらったものから選別したものを掲載。
なかなかみんなでプールに入るだなんて展開、そうそう無いですよ…^^;これもまたいい思い出になったんじゃないでしょうかね。


気がつけば全道大会目前…!


怒涛の9月ももう終わりですね。
前回の更新は8月26日なので、それからもう1ヶ月ほどの間が空いてしまいました。
この9月は前期期末考査の時期に台風がやってきて、そしてその翌日にはあの北海道胆振東部地震が…。
幸いなことに函館市では大きな被害は無かったようで、美術室も特に被害はありませんでしたが、全道一斉の大停電は本当に不安にさせられました。
震源地付近の方々を始め、被害があった方々には心よりお見舞い申し上げます。

そんな天災に悩まされながらも、毎日は普通に過ぎ去っていくわけで…。
今月は本当にいろいろあり、また顧問も3年担任ということもあって進路関係の様々な業務に追われ、心のゆとりが無く、ブログ更新も怠っておりました。。

というわけで、今更ですがちょっと振り返ってみたいと思います。

まず、9月中旬には道南支部展において全道に選ばれた作品を発送しました。

部員と一緒に間違いが無いか何度も何度も確認し、無事に積み込むことができました。

ばいばーい!とトラックを見送り、終了。次に会うのは10月4日、小樽市民会館にて。

そして…

今年もやってきました、演劇部の舞台装置づくり。舞台で使うものを美術部で請け負って制作しました。途中まで作って引き継いだものもありますが…。

どばしがアイドルに変身しようと頑張っていました。

無事完成したものを意気揚々と演劇部に届けました。なかなかのクオリティで作れてよかった!

さらに…

今度は放送局に頼まれた小道具を制作。こちらも張り切って描いてます。

この他にも教育大函館校の大学祭でのイベントに参加してほしいとの依頼があってその準備を進めたり、宿泊研修や見学旅行のしおりの表紙を描いたり、三年生は推薦受験の準備に追われたりと、なんかもういろいろと頼まれ事が多くて部員はバタバタしながら毎日を過ごしていました。

で、学校は昨日の金曜日で前期が終了し、今は学期間休業。
全道大会への遠征はちょうど始業式にあたる10月3日からということでミーティングを行うなど、なんだかんだで濃密な一ヶ月だったと思います。

さぁ、いよいよ全道大会。全道へは28名を引率して参加します。顧問も全道に晴れやかな気持ちで行くために、今は通知表作成や推薦関係の書類や添削、調査書作成などをとにかくこなす毎日。全道遠征は最高に楽しみだけど、帰ってくるのが本気で怖い…机の上が書類まみれになってそう…。。

全道大会に関わっている後志支部の皆様、運営にあたっている道専門部の先生方、どうぞよろしくお願いいたします。部員一同とっても楽しみにしています。晴れるといいなぁ♪