タグ : U21

道展U21遠征のレポート!(写真多し)


先日の道展U21遠征のレポートです!写真大量です。ご了承下さい^^;

2月2日から4日まで札幌市民ギャラリーにて開催されていた道展U21の作品鑑賞を大きな目的として、一泊二日で札幌市へ行ってきました!

貸切バスで札幌市へ。遠征というか旅行気分です。

道展U21遠征は、作品鑑賞という目的のほかにも、道展の作家さんや各学校の美術の先生たちから講評をいただける貴重な機会であること、また最終日には表彰式・作品搬出があり、それらのことも行く理由となっています。
年齢が近い高校生や大学生・専門学校生、さらには中学生も出品する道展U21。様々な表現からたくさんの刺激を受け、表彰式では表彰される人たちを讃え、そしていつか自分もあのステージに立ちたい…と思うことでしょう。
表彰式には毎年誰かがスポンサー賞に入ってくれていたんですが、今回はU21大賞・北海道知事賞・函館新聞社賞と上位に3名が入賞…。仲間の素晴らしい結果を受けて、より一層胸熱だったのではないかと。。

さて、そんなこんなで会場に到着。今回は部員22名を引き連れてやってきました。

会場についてまず驚いたのは、受付をして振り向くと、いきなりすぐのところにうちの作品が見えること。

なんと、一番手前の列に2枚も飾られていました(!)
ここは実はかなりいい場所なんですよね…。だって入場したら必ず最初に目に入る場所ですから。うーむありがたいことです…。

ちなみに入り口には大賞・準大賞に与えられる、道展の作家さんが制作した特別なトロフィーが飾られています。

おお…しっかり学校名や作者名まで刻み込まれています。
このアーティスティックなトロフィーが欲しくて頑張っている人も絶対いると思います。

というわけで、作品鑑賞タイム。

作品は会場内にずらりと展示されています。今年は昨年より100点ほど出品数が多いためか、昨年はなかった3段掛けもありました。

そしてついに大賞とご対面!!
ひとつだけ一段掛けの大賞、そしてその周りには特別賞と優秀賞が…。って左上の作品も市函のおつるの作品でした…!

しかも、ふたつの作品のモデルは偶然にも同じ人物という…。掛けた人は実は気付いてたんでしょうかね…?これならきっとまなみんの作品も寂しくなかったんじゃないかな。

そうそう、会場にてOGと会うことが出来ました♪

昨年3月に卒業したロシア人女性みたいなあやのんと……

もうずーっと前(笑)に卒業した、看護師のたまご(ん?もうたまごではないのか?)のネスミス元部長。

ふたりとも合宿などでよく顔を出してくれるOG。今回は札幌にいるということでわざわざ会場に来てくれたのでした^^
まぁせっかく来てくれたのにゆっくりお話をする時間がありそうで無くて…。。また今度学校に遊びに来て下さいな♪来てくれてありがとうヽ(=´▽`=)ノ

さてさて。それでは表彰式の様子を。

授賞式に参加する、緊張した面持ちの3名…。お、準大賞受賞者のノリがいい(笑)

まず一番最初に表彰を受けるのは、道展U21大賞のまなみん。

おおっ、念願のトロフィー!

そしてこちらは北海道知事賞のガースー。

ひょこっと。前髪が邪魔だったねぇ(笑)

おしゃない部長は函館新聞社賞。

ちょっとしたトラブルがあり、おかげでにこにこ笑顔(笑)

席に戻ったまなみん。トロフィーとともに。

ほんとうに、おめでとうございました。やったね。

そんなこんなで授賞式・全体講評が終わると、作品についての講評を受けられる時間になります。
うちの部員は人数が多いというのもあり…実は既に前日から先生方や道展の方々に講評をいただいています…。本来講評の時間ではないにも関わらず、快く講評のお願いを聞いてくださった皆様、この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。

多くの方々よりいただいた作品についてのありがたい講評は、きっと今後の励みとなり、また糧となるはずです。
本当にありがとうございました。

ではでは、作品とともに。

今回来られなかったさよちんとキングの作品には、2年生たちが一緒に写ってくれました。

3年生の2点も誰かと撮っておけばよかった…。。こないだも掲載はしましたが、あらためて作品の写真を掲載します。

さ、ここからは特別賞!
おしゃない部長!函館新聞社賞おめでとう!

ガースー!北海道知事賞おめでとう!!

ラストはまなみん!道展U21大賞おめでとう!!!

そんなこんなで、二日間U21を堪能したのでありました。

さぁ、とうとう搬出です。

平面・立体合わせて774点の作品たちがあっという間に搬出されていきます。このあっという間感は、なんだかさみしい感じもしますね…。

U21って、作品発送から結果発表、遠征に搬出と怒涛のように過ぎ去ってしまう感じがします。
今回の道展U21制作のあの忙しかった日々が今思うともうだいぶ前のよう…。つい2週間前のことなんですけどね。作品制作にかけてきたあの濃密な時間を思うから、なんでしょうか。ほーんとあっという間に終わってしまった…。。

そんなこんなで大量の写真を交えての道展U21レポートでした。お祭りが…終わりました…。

あ、最後に。
札幌アートの宮殿」様が今回の道展U21の作品紹介映像を製作されていたようなのですが、まなみんの大賞・ガースーの知事賞ときて、なんとその次にきた作品も3年どんの作品と、三作品連続で市函の作品が…。しかも終盤にもおつるの作品が紹介されていたりと、なんかすごい。
映像と音楽が合わさると、これまたすごく作品が格好良く見えてくる不思議…。ぜひ観てみて下さい!
(作品が紹介される1:17あたりより再生になっています。)


「第10回道展U21」結果発表!なんと大賞が!!


先日出品した「第10回道展U21」の結果が、本日午後3時に道展公式サイト上にて発表になりました。

ななんと!!

今回、本校の部員が「U21大賞」を受賞しました!!しかも!スポンサー賞にも2名が入賞するという結果に…!!
まさかの大賞が、ついに市函から…!!!入選総数774点の中の大賞です!!!快挙だーー!!!!

U21大賞を受賞したのは、本校の2年生である伊藤愛未さんの作品、「失透(しっとう)」。

昨年の彼女のU21作品でも登場した部員がモデルになっています。なんとも言えない憂いを含んだ表情とその醸し出す雰囲気にこれでもかと迫る表現は、相当なものがあると思います。今回はオイルに頼りすぎず、絵具をしっかりと丁寧に乗せて描き上げました。背景の表現についてもたくさん悩み、最後の最後まで粘り強く制作した作品です。

彼女は先日のブログのラストにも登場しているんですが、本当に…ものすごい情熱をかけてこの作品を制作してきました。
なんていうかね、ものすごく奥ゆかしい部員で、黙々と制作に打ち込む部員なんですが、背中から燃え盛る情熱が溢れすぎていて周囲が怖がるレベルという…(笑)
今年の高文連でも全国を取りたくて必死に頑張って素敵な作品を描き上げたのですが残念ながら全国の切符には手が届かず、「もう部活やめます」とかぼそりとつぶやいたりして周囲を慌てさせるような部員で、もちろん今回も出品前に「賞取れなかったらもう辞めます」とか言ってました。そんな彼女が、今回大賞を取ったというわけです。

もうね…結果を知ったときは本気で腰が抜けそうになって、思わず歓喜して泣きそうレベルまでいっちゃったくらい。でも、どこかで納得の結果だな…なんて思ってしまう自分もいて。それくらい素敵な作品なんです。
彼女の頑張りはみんなよーくわかっているので、受賞の知らせを聞いたときはみんなの拍手が鳴り止みませんでした。。いやー思い出しても泣ける…。

とにかく、とっても素敵な作品です。ぜひ、会場の札幌市民ギャラリーにて実物を見ていただきたいと思います。

また、これだってホントにすごいんですが。
2年の菅原優菜さんの「一日と一生」が北海道知事賞を受賞しました。

いやーこれもいいなぁ…改めて写真で見てもいいなぁと思ってしまいます。とにかくあれこれ悩みながら描いた作品。執念が詰まっています。ある時を境にぐっと作品がよくなったんだよなぁ。そういう変化が見られるのも、指導していて実に面白いんです。

そして、同じく2年の長内絵美さんの作品「A whale new world」が函館新聞社賞を受賞。

市函美術部では珍しい、空想画。ファンタジーな作品です。顧問のところに構想を持ってきて1分で許可が降りるという奇跡を起こした作品。過去にも例がない気がする…。
ちなみに、制作中顧問はとなりでずっと「ゼルダの伝説」の話をしていました。ニンテンドースイッチのゼルダが過去最高に素晴らしすぎて、アドバイスをゼルダに例えて話をしていました。それが功を奏したのではないかと。(違

というわけで、スポンサー賞以上に上記3点が入賞、その他優秀賞には4点、奨励賞にはなんと13点もの作品が入賞…!!本校からの出品数26点に対して、入賞数が20点…!
これは昨年23点出品中入賞数13点を遥かに超える結果となっています。。す…すごすぎ…!!!身内のことながら、この結果は褒めない訳にはいかない。本当にすごい結果だと思うんです。

にしても、奨励賞に1年生が8名も入賞とか…正直入りすぎ(-_-;)ちょっとーいい気にならないでね〜(笑)

というわけで、優秀賞・奨励賞・入選の作品を全て掲載します。

<優秀賞 4点>


 
 
 

<奨励賞 13点>


 
 
 
 
<入選 6点>

 
 
 
というわけで、第10回道展U21の結果でした。

展覧会は2月2日(金)〜4日(日)まで、札幌市民ギャラリーにて開催されます。
本校美術部では3日土曜日から一泊二日で札幌に遠征します。もし会場でお会いしましたらぜひお声をおかけ下さい。私はカメラかついで作品の写真撮りまわってるかと思います。

最後に。
結果は目に見えるものなので、時として残酷なものともなります。嬉しい者もいれば、悔しい思いをしている者もいることでしょう。
ただ、結果は結果です。それよりも大事なのは作品にどれだけ向き合って、感謝の思いを感じながらやってきたかということであって、そしてこの経験をどう次につなげていくことができるかでしょう。
とりあえずまずは結果だけ見ると素晴らしいなと客観的には感じていますが、果たして皆がどれだけ頑張っていたのかなって。本当の本当に頑張れたのかどうかを、自分の活動を振り返ってみて考えて欲しいんです。結果は紙一重。惜しかった…もう少し上だったかも…と感じるものもいれば、逆もまたあるわけで。

とりあえずU21が終わったら、ていいますか、もう次が始まってるんだよね。そう、夏の高文連です。
ぜひ、今回の制作で得たことを無駄にせず、次につなげていって欲しいと思います。またレポート書いてもらいますので…。

今回の道展U21に向けての活動にあたり、たくさんのご声援やご協力をいただき、なんとかこのような結果に結びつくことが出来ました。
これからも感謝の気持ちを忘れず、頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


とりあえず、落ち着きました。


今日の美術室。

勉強しています。日本史に数学、英語…お互い得意分野を教えあってます。ほほえましい光景。教えあうと、自ずと自分の理解度も高まるんですよね。高校時代よく教えあったっけなぁ。

こちらでは生徒会誌の表紙を描いていました。

今年は金魚を描くそうで。完成が楽しみですなぁ。

こちらでは筆を洗っていました。丁寧に石鹸を使って洗っています。

使い込まれたパレット。

彼女はちゃんとペインティングオイルで磨いているのでとても綺麗に輝いています。パレットを綺麗に清掃することは作品の美しさにつながるのです。
 
 
 
 

……って、なんか穏やかな美術室ですが、そう、実は今日は部活は休みなんです。
そう、昨日の29日月曜日夕方に、道展U21の作品を発送したのでした。すなわち、作品も完成し、今日は休息日ということなのでした。
 
 
 

では、昨日の発送直前の様子をお伝えします。

作品の集荷は午後6時ということで、顧問も放課後は仕事を切り上げ早々に合宿所へ向かいました。

すると……

シーン………

めっちゃ静まり返って黙々と筆を動かしています。どうやら誰も諦めていない様子。
こんなに静かに全員が制作してることなんてないってくらい、静かでした。顧問の声など聞こえてないぜ、ってくらい。ていうかいつもこれくらいの集中力でやれよと…(笑)

作品発送の直前まで描くのがいいか悪いかは別として、少しでも高めたいという気持ちは伝わってきましたね。

最後の最後にとっておいた仕上げをほどこしています。

発送直前に出品票の確認とキャンバス布の耳を切っています。

そんなこんなで各々がギリギリまで頑張り、集荷30分前に制作の終了合図。それぞれの作品の写真を撮影し、いよいよトラック積み込みです。

って、もうあらかた撮影が終わったというのに、まだ描いているモリ。

最後の最後までモチベーションを保って頑張っていた…ということでいいのかな^^;
 
 
 

さぁ、積み込みだ!!

バケツリレー方式でどんどん積んでいきます。

全26作品が無事トラックに収まりました。

というわけで、終わったーー!!

疲れ果てて、全然いい感じのポーズになっていませんが、まぁ仕方ない(笑)

終わった開放感のせいなのか、皆妙にテンションがあがっていましたね。

終わった喜びで抱き合ってるのかと思いきや、もみ合いになってレスリングみたいになっていたり…

キングとさよちんが謎に足の踏み合いをしていたり…

…なんか、きっと身体を動かしたくなったのでしょう(笑)
なんとなくわかります。

そんなこんなで、長きに渡る道展U21の制作も終わりを迎えました。
先程無事市民ギャラリーへの搬入が完了したとのお知らせも届き、あとは…審査がこれから行われるのでしょう…。関係者の皆様、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さぁ、あとは遠征までにインフルエンザにならないように気をつけるのみ、かな…。
今インフルエンザが校内で大流行していて、自分を含めて皆さん体力がかなり低下していると思われるので、インフル感染には注意しましょう!

うう…遠征直前にインフルにかかってしまった数年前の悪夢が思い出される…。。。インフルこわい………


先日の合宿の様子と新聞取材の風景


さて、いよいよ週明けは道展U21の作品発送。制作できる日数も本日を入れて残すところあと3日となりました。
明日の土日が明暗を分けることになりますね…果たして完成といえるところまで持っていけるだろうか…!

というわけで、今頃ですが先週の合宿風景。

この時の夕食は牛丼と味噌汁でした!

勢い余って牛丼の写真を撮り損ねました…ま、いいか…。
牛丼は楽でいいですね。割下とめんつゆとショウガだけであら、美味しい!って感じです。

よそったり洗ったりは部員が手伝ってくれました^^
残念ながら写真撮ってないんですが、3年の進路が決まってるきくちプロも夕方から洗いものなどいろいろ手伝ってくれました。ありがたや〜ホント、ありがたや〜(TдT)

あと、3年のはっつぁん元部長とタロウが激励に来てくれました。ふたりともしっかり牛丼食べていき、はっつぁんからはひとこと言葉ももらいました。

部員たちは明らかに何かを期待しているような目線ではっつぁんを見つめていましたね…。

はっつぁんは、ミーティングに参加できてよかったです、でも、もっとがっつり言っちゃってもよかったですよ、とも言ってました(笑)

さ、夕食とミーティングのあとは、中間合評会を行いました。
数人のグループに分かれて、互いの作品について講評し合うというものです。ただ褒めるのではなく、思うことや気付いたこと、ダメ出しを思い切って言ったほうが参考になるよ、と伝えて始めたんですが、結構活発にやりあってましたね。この後の制作に活きる合評会になったようです。

というわけで、切り替えて制作!

まっつんがヒョウ柄のパジャマを着てきました。わー…(笑)

さ、そんなこんなで合宿の夜も更けていきました。
今回は貫徹せずに寝たほうが効率がいいよ!という教えが効いたのか、各自割と睡眠を確保していた様子。まぁ、みんな土曜日は模試だったというのもあって疲れていたんでしょう。
おかげで翌日は結構元気に制作に励んでいました。うん、寝るのは大事だね!

というわけで、仮縁の塗装も各自終えたようです。着々と準備が進んでいきます…。

そんなこんなだったのがこないだの土日。
あれからもう数日が経ち、また週末がやってきます。ホント、いよいよです。
今年度ラストの合宿、しかも発送直前。全力でやりきりましょう!!

そんな感じで今週も頑張っているんですが、例のポスターの受賞の件で新聞の取材を制作の合間を縫って受けました。また、全国総文祭出品を決めたさよちんの取材も一緒に行われました。
ちなみに作品は原寸大でプリントしたものをキャンバスに張ったものです。遠目に見たら実物に見えます(笑)

近々北海道新聞みなみ風(道南版の新聞)と函館新聞に記事が掲載される予定です。

さ…部活いこ…。