タグ : U21

高文連選抜小品展の展示と、U21直前合宿。


1月25日土曜日。
この日は、高文連の選抜小品展の搬入日。
函館の十字街にあるまちづくりセンターにて、道南支部の美術部員が制作した作品を展示しました。

27点の生徒作品と、2点の顧問作品の合計29点が展示されています。

夏の支部展のような大きな作品ではないですが、美術部の生徒さんが実験的に描いた作品や外で写生してきた作品などが並び、なかなかおもしろいものとなっています。

このように椅子に腰掛けて眺めてもらう作品なんかも並んでいます。

「高文連道南支部美術選抜小品展」

会期:1月25日(土)〜2月1日(土)9:00〜21:00
場所:函館市地域交流まちづくりセンター(函館市末広町4番19号)

お近くの方、高校生の美術作品に興味がある方はぜひ足をお運びください♪
 
 
さて。
この日は午前中が小品展の搬入・展示、そして14時からは市立函館高校の美術室において美術教育研究会が開催され、各校の美術部の状況や取り組みについて、また今後の道南支部の活動についての研究会を行いました。

16時に終わる予定が少し延びたんですが、その研究会のあとは我らが美術部の制作の様子を見学していただきました。
ちょうどこの日は道展U21を目前に控えた合宿が予定されていたため、制作風景を見てもらうには最適かなと。
この日は1・2年生は模試だったんですが、各校の顧問の先生が合宿所に来る前に1年生の模試が終わり、合宿所に行く頃にはすでに制作に励んでおりました。

みんなのアイドル、江差高校の十河先生が、部員に激励の言葉をかけてくださっていました。
副部長の1年生、5564(ハンドルネームです)は、構図についてのアドバイスを。

全体は回れていなかったようですが、結構アドバイスを貰えた部員が結構いたようです。
また、他の顧問の先生も制作の様子を見て、この場所いいですね…!こうやって制作ができる環境があるなんて…とおっしゃっていました。

で、ちょうど先生方が帰られたころに、OGのキングとたぢか、山Pが遊びに来てくれました!

差し入れにと大量のドーナツを持ってきてくれました^^
今は大学の試験の最中で忙しいところですが、後輩たちの様子を見たいとわざわざ足を運んでくれたそうな。ありがとう…!!
 
 
 
そんな中、パン祭りの保護者様から、大量の肉まんが差し入れとして届けられました…!!

さすがはパン屋さんの肉まん!とってもとっても美味しいんです!種類も複数あって、しかも2つもいただいちゃっていいとのことで、皆で争奪戦が繰り広げられました(笑)

ピンクのつなぎのよっしーも美味そうに肉まんを頬張っていました。

今回は合宿ということもあり、保護者の方々よりお菓子やカップラーメンなどなどたくさんの差し入れをいただいてしまいました。
特に今回は研究会等も重なりこちらで食事を準備できなかったということもあって、とても助かりました。いつもいつも本当にありがとうございますm(_ _)mこの場を借りてお礼申し上げます。

そして必死に制作を頑張ります。ただひたすら必死に作品と向き合っています。ただの模写にならないよう、それぞれ工夫を凝らしながら…。

高文連後に入部した石油王(ハンドルネームです)も油絵の描き方に頭を抱えつつ、毎日一生懸命制作してきました。

真夜中の時間帯でもそれぞれが制作を続ける中、翌日の英検に向けて勉強をする2年生も…。

翌日の英検ではどうやら爆死したとのようで…。うう…。。

午前3時。
よっしーが「こんな時間に食べるのもどうかと思うんですけど、お腹すくんですよね〜」とみそ汁を手にしています。

まぁそうだよね…夕食を取ってからもう結構経つし、制作していたらそりゃお腹も減るわ…。

とまぁそんな時間帯でもぽつぽつと頑張って制作している人がいる中、顧問は3時半頃にダウン…。年々体力の衰えを感じずにはいられません…。
 
 
 
そして、朝。

普通にゴリゴリ制作に励んでいました。
いよいよじっくり制作できるのもこの日が最後。諦めずに完成を目指して必死にがんばろう…!!

江差の十河先生から今日「内面とどれだけ向き合えたかな?イッパコアート」との応援メールが届きました。
作品を描くということは、自分と向き合い、語り合うこと。どうやって自己の作品と向き合い、絵筆に思いを乗せてキャンバスに込められるかです。
そして、その活動を応援してくれている親御さんや先生たち、OBOGや友人などたくさんの人がいて、そんな幸せな中で活動できているんだという感謝の気持ちを忘れずに頑張っていこう。
 
 
 
さぁ、いよいよ本日、作品発送。あと少し、もう少し。最後の最後まで作品と向き合おう。


U21出品を目前に控え…


さぁ、気づけばもう1月も下旬となっていました…。
というわけで、ようやく令和2年初のブログとなります。ブログを御覧の皆様、今年も市函美術部をどうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ道展U21の締め切りが近づいてきました。
週明けの27日がその発送日ということで、まさにその日を目前に控え、部員は毎日奮闘しています。

最近あんまり写真撮ってないので、これらはちょっと前のもの。現在の制作状況はもう少し進んでいます、さすがに…。

そういや冬休み明けのミーティング後には、1年生りょくちゃんの提案で円陣を組み気合いを入れてたっけ…。もはやそんなつい最近のことすら懐かしく思える…。。

とにかく今日を入れるとあと4日しか制作できないので、それぞれが課題を解決すべくしっかりと制作に打ち込んでもらいたいと思います。というわけで、週末は例年通り直前合宿を敢行予定。
とはいえ、土曜日は模試、日曜日は英検…。どこまでできるかが心配です。。

しかしそんな直前の状況にも関わらず参加してない部員もいたりして、正直今回はかなりやばい人がちらほら。。
まぁ具合が悪いとか用事があって…というのもわからないでもない。本当に体調が悪い人もいるからそういう場合は仕方ないんだけど…でも、何かに付けて休みがちな人は、やっぱり結果的に進んでないし、互いのコミュニケーションもとれてない、と。。

上手い下手とかではなく、その人の取り組みすべてが作品にはあらわれると思います。
これまで毎日毎日頑張り続けてきた人たちが描いている作品は、やっぱり見た瞬間にわかるんですよ。「描いてるな」、って。
その「描いている」という言葉には、いろんな意味が込められているんです。上手い下手じゃない。一見上手く見えても、描いてない作品は「描いてない」し、表現が稚拙でも描いている作品は「描いている」んです。
ハンパな努力じゃ、ハンパな結果しか残せないのだ(by某美術部顧問の先生のお言葉)。でもホントにそのとおり。

部活動を通して、本当に全力で頑張った!頑張りきった!結果はどうあれ、自分的にはこれ以上無いくらいやりきった!という、確かな実感のある経験を掴んでもらいたいな、と。
その実感のある経験は、これから先の人生において確実に「自信」となると思う。
だから、ギリギリまで諦めずに取り組んでほしいと思うわけ。みんなと一緒に頑張り、互いに切磋琢磨しあってこそ人としての成長のきっかけが得られるというか、そういう部分にこそ部活動としてのよさがあることを感じてほしいんです。日常ではなかなか経験できないことだと思うので…。

あ、別に休むな、と言っているわけではないんですよ、念のため(-_-;)
まぁとにかく、あと僅かな日数しかない中でしっかり自分の制作をしてほしいと思います。あとすこし、頑張ろう…!!

 
 
 
そうそう、函館新聞に今年度全国総文祭を決めた件で新聞に掲載されました。

こちらは北海道新聞のみなみ風(道南版)です。カラーで掲載していただきました。


3年生・引退の儀と最近の様子と取材


今日は卒業アルバム用の部活動写真撮影でした。
全員揃うと32名…!美術部としては、かなりの大所帯です!

って…もう”卒業”だって…!そう、気付けばもう12月に突入したんだもんなぁ…。。

さ、アルバム写真撮影を機に久しぶりに三年生を含めた全員が揃ったので、ようやく新部長に引き継ぐ「引退の儀」を執り行いました。

新部長には、2年生の「パンまつり」が就任。

例年だと副部長が部長になるパターンが多いのですが、様々な事情を鑑みて彼女が部長となったのでした。
これからぜひとも市函美術部の部長として身を粉にして頑張っていただきたいと思います(笑)

そして副部長には、1年生のとっちー。

そしてそして、もうひとり、男子部員の彼が…!(ハンドルネーム決めようか…!)

そう、今までにはない「2名の副部長」となったのでした。なにせ1年生は15人もいて、うち女子は12人で男子が3人という状況を考えた結果、こういう展開もアリなのでは、というね。

そして、最後にこれまで部長として頑張ってくれたもりやからひとこと。

部長もりやと副部長のホノのおふたり、1年間お疲れさまでした。
特に部長もりやはいろんな負担や悩みを抱えながらこの個性派集団を切り盛りしてくれました。毎回部長さんにはいろいろと大変な思いをさせてしまう面がどうしてもあるわけですが、彼女もこれまでの部長同様、しっかりその勤めを果たしてくれました。本当にいろいろありがとうね…!

というわけで、これからは新部長・副部長の3名を中心に動いていくことになります。
彼らには代表として活躍してもらうことにはなりますが、言っても市函の美術部は全員でやっていくことを大切にしている部活なので、お互いに支え合いながら活動していきましょう!
 
 
 
 
ふぅ、ようやくこれで三年生も引退(遅っ)。
あとは各々の進路に向けて一層頑張っていってほしいと思います。って、もう半数くらいは進路決まってるっていうね…!
センター組は、一日も無駄にせず、目標を定めてラストスパート頑張れよーー!!!!まだ1ヶ月以上もあるから、ここで気を抜かずに最後まで頑張り抜いてね!!インフルや風邪にも気をつけてね!!

そして、残された後輩たちはというと…

2月1・2日に札幌市民ギャラリーにて開催される「道展U21」に向けていよいよ始動です!描いている人もかなり増えてはきたけれど、ちょっと今年は取り組みが遅い…!!果たして大丈夫なのだろうか…。。。
こちらもね、もう1日も無駄にはできないね。50号はやっぱりデカい!普通に考えたら高文連の30号より時間がかかるわけです。
これから年末に向けていろいろと忙しくなると思うけど、部活動の時間は全力で制作に打ち込もう!!もう、やるしかないよ!!!

それと、本日は函館新聞の記者の方が来校し、全国高総文祭に出品が決まった1年生が取材を受けました。

頑張って制作についての話をあれこれとしておりました。
最後は作品のレプリカとともに写真撮影。うむ、表情がやや硬い…(笑)誰かに笑わせてもらえばよかったかな?(笑)

彼女の記事については、おそらく近日中に函館新聞に掲載されることでしょう。ちなみに来週は道新から取材を受ける予定です^^


全日本学校ポスター甲子園、連覇!!そしてリキテックス・ザ・チャレンジで北海道地域賞受賞!!


本校美術部で制作した昨年の学校祭ポスターが、株式会社総北海様が主催する全日本学校ポスター甲子園においてグランプリを受賞!
なんと昨年の同コンテストに引き続き、2年連続でのグランプリ!!同コンテストでの連覇はこれまでで初めてのことで、我ながらビックリしました。

以下はポスター甲子園のサイトに掲載していただいたコメントです。

昨年に引き続きグランプリに選んでいただきありがとうございます。このポスターのイメージを表現するため、自分たちで撮影した写真素材と手描きの星空を組み合わせ、現実にはない幻想的な情景をつくりだしました。制作に関わってくれた方々、一緒に頭を悩ませて考えてくださった顧問の先生のおかげで受賞できました。本当にありがとうございます。皆様に感謝です!<森谷美友・濱道七海・佐藤みくに(美術部2年)>
教室の窓から輝く星空を見上げ歓声を上げる高校生たち。その後ろ姿は星空に負けないくらい輝いているのでした、という主観と客観を織り交ぜたイメージを込めました。部員はプレッシャーとの戦いだったようです。まさかのV2達成、本当に嬉しいです。<佐々木龍(顧問)>

(審査員コメント)
グランプリを受賞したのは昨年に引き続き市立函館高校です。毎年渾身の力で取り組んでいただき有難うございます。写真メインの作風を踏襲しつつ構図と色で魅力的に表現した作品。加工するにしても素材あってのこと。写真撮影など素材準備には苦労があった事と思います。開催情報のレイアウトにも工夫がみられます。ポスターは情報をつたえる告知媒体です。その役割をおろそかにせず、なおかつビジュアルも高度となればグランプリ受賞はむべなるかな。今回も堂々の首位でした。

とのことでした。

審査員様からのコメントで、「開催情報のレイアウトに工夫が見られる」という部分が地味に嬉しいですね。
真ん中にある教室の柱部分に大胆に「柳星祭」の文字を持ってきたことや、そこから下部に広がる情報の部分が評価されたということなのでしょうか。
ここの部分についても部員とかなり話し合いながらレイアウトを決めていったところだったので、きちんと評価されたということがとてもありがたいです。
また、ビジュアルについても、今回も例年同様かなり苦労しながら決めた構図だったため、部員たちの喜びもひとしおだったと思います。
この場をお借りしましてお礼申し上げます。ありがとうございました!

ちなみに昨年のポスター制作の様子はこちらのブログ記事に掲載しています。興味のある方はご覧ください。

というわけで、本日道新みなみ風さんに取材に来ていただきました。

もりやの手が緊張でおかしなことになっています。

一緒に先日の道展U21で函館新聞社賞を受賞したもなちんも取材を受けました。サボテン。

正直「函館新聞社賞」なので道新のほうにはあまり大きく載ることはないかもしれませんが…
ぜひ函館新聞の方にも取材に来ていただかなくては。
 
 
 
 
そして、もうひとつ!

2年生はうるちゃんが以前「リキテックス・ザ・チャレンジ」というコンテストにアクリルで制作した作品を出品したのですが、こちらが「北海道地域賞」を受賞しました!

「リキテックス」といえば、アクリル絵の具の世界では超有名な画材なのですが、その会社が主催するコンテストでして。
今回の北海道地域賞を受賞したことで、賞品がなんとリキテックスのお好きな画材10万円分…!使い切れないような量のリキテックスを大量に頂いたのでした。よかったね!

彼女はこの他にも河原デザイン・アート専門学校が主催するスマホカバーコンテストにも入賞するなど、どんどん自分で活動の幅を広げています。意欲が半端ない…!

そんなこんなでそれぞれ頑張ってきたことが結果に結びついています。
今回の道展U21でも得たことをしっかりと次につなげられるよう、熱い気持ちがあるうちに動き出してほしいものです。ま、このあとは後期期末考査が控えてるので、まずはテストに向けてしっかり勉強かな…。

あ、U21参加者はレポート提出!!今日締め切りなのに提出者まだ1名のみ!忘れてたフリして放置しないように!!