「ichihako-art(イチハコアート)」ご案内


「ichihako-art(イチハコアート)」は、市立函館高校美術部の日常を書き綴ったブログです。

toptextbox-img

本校美術部のメインの活動は、主に秋の高文連、冬の道展U21に出品する、各種展覧会に向けての作品の制作です。
高文連美術展においては全道大会に多数の作品を出品しており、また全国大会である全国高等学校総合文化祭にもこれまで数多くの作品が本校から選抜されており、平成23年度から令和2年度までの10年間で8作品が選抜されています。
また北海道美術協会主催の公募展「道展U21」では平成29年度に道展U21大賞を受賞し、また様々なスポンサー賞、優秀賞・奨励賞を数多く受賞しています。その他「函館市芸術教育奨励事業(美術・工芸部門)」「はこだて・冬・アート展」などの公募展等にも出品し、それぞれ結果を残しています。

部員たちは日々楽しく一生懸命活動しています。制作ばかりではなくイベントも盛りだくさんで、春には花見、夏の学校祭ではお化け屋敷を行ったり、また展覧会が近くなってくると合宿を行って泊りがけで制作したり、冬は道展U21での研修を目的として札幌に一泊二日の研修旅行を行ったり。そのほかにもクリスマスパーティ、豆まき、各種お食事会など様々なイベント、五稜郭タワーアトリウムでの校外展など、充実した日々を過ごしています。

2022年3月現在、2年生8名、1年生7名の合計15名が、それぞれの目標を持って日々活動しています。新入部員募集中です!
やる気のある部員、大募集中です!また、高校に入って本気で美術をやりたい!油絵を描いてみたい!という中学生の皆さん、ぜひ市函美術部で我々と一緒に青春してみませんか?

市函美術部の活気ある活動の様子をブログを通して感じて頂けましたら幸いです。


柳星祭まであと少し


今の1.2.3年生はたくさんの想いを背負っている。
それが伝わってくる作品だった。
おのずとキャッチコピーは重くなった。
でも、彼らはそれだけのものを背負っているのだと、感じずにはいられなかった。

柳星祭まであと少し。
一緒に頑張ろうと思う。

R4年度 地区大会


雨だったけど皆よく描いたね。

出来上がった作品を見ると雨の中で描いたとは思えない作品ばかりでした。


地区大会プレ開催


5月19日に開催される地区大会のプレをイチハコ敷地内で開催しました。
プレだけど皆んな真剣に作品と向き合っていました。
新1年生も入部して、初めての合同イベントです。
皆の人生の1ページに刻まれる瞬間であってほしいと思います。
かけがえのない時間は、過ぎ去ってこそ輝きを増していきます。
皆が創った作品と共に。


5月17日NHKにて18時40分〜19時の間のどこかで


先日、NHK函館放送局で部活自慢というコーナーの撮影にいってきました。
イチハコ放送局が主体だったのですが、その放送局が撮影している先をイチハコ美術部にしたいということで、素敵なコラボでの出演ということになりました。
イチハコ放送局と美術部の部長の二人の真剣さと笑顔がとても輝いていました。

真剣に打ち合わせしております。
撮影後に記念撮影。

笑顔が素敵な部長なのでした。