新1年次「芸術Ⅰ」の選択について

本校では、「芸術Ⅰ」の授業科目を入学前に前もって選択していただきます。(全員が必ずどれかを取らなくてはならないため「必履修科目」と呼ばれています)

「芸術Ⅰ」とは、「音楽Ⅰ」「美術Ⅰ」「書道Ⅰ」の3科目。高校ではこの中から1つだけ選び、週2時間の授業を受講することになります。

「音楽Ⅰ」

1年生の音楽Ⅰでは、歌唱(斉唱・合唱)、器楽(リコーダー)、鑑賞を行います。
また、ミュージックノートを使用し、ソルフェージュ、楽譜の読み方やコードネームなど幅広い音楽理論を学びます。

器楽は運指や奏法など初歩から始めます。ソロからアンサンブルへと段階的に進んでいきますから、誰でもチャレンジ可能です。

「美術Ⅰ」

1年生の美術では、主に鉛筆デッサンとポスター制作を行います。

鉛筆デッサンでは、デッサン用の鉛筆、ねり消し、ガーゼなどを用いて基礎の基礎から学びます。
最初は難しく感じるかもしれませんが、基礎から学びますので大丈夫です。鉛筆でいろいろなものを描くことができるようになってくると楽しいですよ!

デザインの分野では、防火ポスターの制作を行います。アクリルガッシュというポスターカラーに似た画材を使用し、防火意識を訴えるポスターデザインを考案して制作します。
優秀作品は作品が校外にて展示されますよ!

art07art08

art09art10

鉛筆デッサンもデザインも丁寧に使い方やコツを説明しますので、きっとだんだん楽しくなってくること間違いなし!

ちなみに2年次開講の「美術Ⅱ」では油絵の制作をします。美術Ⅱを選択するには1年生で美術Ⅰを受講している必要があります。ですので、高校でぜひ油絵を描いてみたい!と考えている人は美術Ⅰを選択しましょう。
または美術部でも油絵に取り組んでいますので、そちらに入部するのもいいかもしれません^^

ぜひ美術が好きな人は選択してくださいね。多くの人の選択をお待ちしております。

「書道Ⅰ」

1年生の書道Ⅰでは、漢字・かなの臨書を中心に、漢字かな混じり文の創作を行います。

筆の持ち方、姿勢、運腕の基礎から学びます。小学校以来から久しぶりの書道、という初心者も大歓迎です!

sho01sho02

sho03sho04

sho05sho06

2年次以降の芸術選択について

2年次では芸術が選択となり希望する人は芸術科目を選択できるのですが、「音楽Ⅱ」「美術Ⅱ」「書道Ⅱ」は「Ⅰ」の続きとなりますので、1年次でそれぞれの「Ⅰ」を受講していないと選択できません。
ですので、例えば1年生で「音楽Ⅰ」を取っていた人は、2年生で「美術Ⅱ」を取ることはできません。「音楽Ⅰ」を取った人が2年生で芸術を取りたい場合は「音楽Ⅱ」を取ることになります。
ですので、よく考えて芸術Ⅰを選択してくださいね。

3年次の芸術では、「芸術教養」「芸術専科」というふたつの選択科目があります。これらに関しては、これまでの芸術の選択に関わらず、誰でも自由に選択が可能です。
例えば「美術Ⅰ」「美術Ⅱ」を取ってきたけれど、音楽もやりたいから3年次で「音楽教養」を取る、ということも可能です。また、「Ⅱ」を受講していなくてもOKです。

将来芸術系の大学等に進学を考えている場合は、3年次開講の「芸術専科」が進学用の科目となっていますので、そちらを受講すると進路に応じた内容の授業をすすめることができます。
また、自分の教養として、好きだから取りたい、という人は「芸術教養」を受講するといいでしょう。
2〜3年次の芸術選択については、担任や芸術担当の先生に相談してください。

*