4月1日~3日ペナルティーカップ函館

Pocket

昨年度、コロナで中止だった「ペナルティーカップ函館」を無事実施できました。

4月1日(FP) 0-2 vs旭川大高校

4月2日(FP) 0-0 vs有斗 、1-0 vs道大谷室蘭  (1勝1分1敗:予選リーグ3位)

4月3日(市立G) 3位リーグ :0-2 vs函館大谷 、2-2 vs帯広白樺

(全12チーム中:8位)

 

こうした経験って本当に大事だなと想いながら試合を観ていました。通用しないこと、全然ダメなところも含めて、選手自身で今の自分(達)の現状を知ることが何よりも大事。そういう意味でも、今回のフェスティバルの経験は貴重です。(昨年度の高3は、本当に残念だったな、と改めて思います。こうした機会を全く作れなかった。)

そして、地元にいてこういう機会があること、お金をかけて遠征に来てくれたり、相手がいて、仲間がいて活動が出来ていることに、感謝できるか・・・そのことも選手には考えて欲しい。当然、親の理解があって出来ているってことも・・・。

だったら、部員として選手としてどう取り組まないといけないか、大会でどういう姿を見せないといけないか・・・・(勉強と部活、どう頑張る姿を見せないといけないか・・)

試合では、少したくましくなった部分も観られるけど、まだまだ、まだまだ、です。

次は4月18日~20日、いよいよ春季大会です。無事に開催できることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です