作成者別アーカイブ: soccer

道南ブロック1部 第3節 vs函大谷 、函館リーグ4試合目vs函工業(5月8日)

5月8日(土)道南ブロック1部 第3節vs函大谷

  

前半0-1、後半1-1、トータル1-2。

第3節消化し、0勝1分2敗(勝ち点1)8/9位。

次は高体連前最後の第4節vs苫小牧中央(苫小牧緑ヶ丘会場)

(今日のような気持ちで戦えない試合、怖がって逃げている試合、気持ちを全面に出してない試合をしているようではいけない。)

・・・・・・・・・・・

函館リーグ 第4試合 vs函館工業

前半0-0,後半0-1

 

 

 

5月5日函館リーグ(2試合目vs水産、3試合目vs工業)

5月5日には、函館リーグの2試合目、3試合をパークで行いました。

素晴らしいピッチで、普段公式戦になかなか出られない選手の試合経験の機会としては最高の試合です。この試合から課題を見つけて、今後の取り組みに一人一人が生かすことが大事です。

◯3-0vs水産

◯2-1vs工業

5月3日 道南ブロック1部 第2節vs静内

道南ブロックリーグ1部 第2節はアウエーで静内戦。前日の5月2日に苫小牧まで移動して宿泊。3日の試合を迎えました。

   

前半0-0,後半0-0 での引き分け。

しかし、相手が数本決めてもおかしくない場面が多かったですし、特に向かい風の前半は厳しい内容でした。後半少しできる場面やチャンスを作ることができたが、全体的には負けていた試合をよく引き分けた、というゲーム内容でした。GKの活躍が一番大きかった。

まだまだ守備の部分、攻撃プレーのミスの多さなど個々の課題がたくさん。そんな中でも少しずつ整理されてきている部分や作れる機会も増えている。1年生が数名入ってのチームなので、まだまだ時間はかかる様子。

次は、5月8日第3節vs函大谷。ここまでの成果を見せられる試合をしたいところ・・・。

(桜の時期なので行き帰りが心配でしたが非常にスムーズでした。また、全員で泊を伴って活動できたのは良かったです。でも、コロナ渦で久しぶり過ぎて何をどうしてたのか忘れてました。そういえば、昨年は1回も遠征合宿的なものができなかったので、2年生が実質1回もそれを経験していない。なので、2年生が1年生に指導・指示できない。そんなことも確認できた意味では有意義な遠征でした。)

4月25日(日)ラサール練習試合

4月25日(日)はラサール高校で練習試合を行いました。

3年生から1年生、全員が試合に出場でき、やっと全員のプレーをしっかりと観ることができた感じです。

連休には道南リーグや函館リーグが始まります。

4月29日(木) 道南ブロック1部リーグ第1節 vs有斗

5月1日(土) 函館リーグ vs七飯

5月3日(月) 道南ブロック1部リーグ第2節 vs静内

5月5日(水) 函館リーグ vs水産 vs工業

5月8日(土) 道南ブロック1部リーグ第3節 vs函大谷 、函館リーグ vs有斗

5月15日(土) 道南ブロック1部リーグ第4節 vs苫中央

5月16日(日) 函館リーグ vs檜山北

5月24日~27日 高体連函館支部予選

春季大会 結果

4月18日(日)から20日(火)まで春季大会が行われました。

18日の1回戦、雨の中、知内高校に3-2と勝利。

19日の2回戦、雨は上がりましたが肌寒い中、檜山北高校に1-0で勝利。(昨年秋の新人戦でPK負けした相手に勝ちました!)

20日の準決勝は函館大谷。前半、CKで失点、運良くFKから得点し1対1。後半開始直後に失点。後半はほぼハーフコートゲーム。力の差を痛感する試合でした・・・。

続けて3位決定戦は函館工業。前半を1対0で折り返し、後半試合終了直前に失点。延長の前半で得点し、後半終了直前のFKで失点。PK1-3で敗退。

春季大会は第4位でした。高体連のシードを取ることができました。

まあ、今の現状を考えると有り難い良い結果ですが、1つ1つの試合内容を観ると・・・・・・・です。

高体連に向けてもっとやらないといけない。

春季から新1年生も複数名試合に出場し経験を積みました。また、チームとしても3日間フルに4試合出来たことが何よりです。地区の中での自分達の立ち位置、現状を知ることができた大会でした。

次に向けて部員達は頑張ると思います。

(準決勝 大谷戦)

(3位戦 工業戦)

※昨年度はこの春季大会も、5月の高体連支部予選も(全道も)出来ませんでした。大会ができたこと、試合が出来たことが本当に有り難い限りです。

そう考えると、昨年の3年生たちは本当にかわいそうだったな、と改めて感じます。(新しい生活で頑張ってますか?)

4月1日~3日ペナルティーカップ函館

昨年度、コロナで中止だった「ペナルティーカップ函館」を無事実施できました。

4月1日(FP) 0-2 vs旭川大高校

4月2日(FP) 0-0 vs有斗 、1-0 vs道大谷室蘭  (1勝1分1敗:予選リーグ3位)

4月3日(市立G) 3位リーグ :0-2 vs函館大谷 、2-2 vs帯広白樺

(全12チーム中:8位)

 

こうした経験って本当に大事だなと想いながら試合を観ていました。通用しないこと、全然ダメなところも含めて、選手自身で今の自分(達)の現状を知ることが何よりも大事。そういう意味でも、今回のフェスティバルの経験は貴重です。(昨年度の高3は、本当に残念だったな、と改めて思います。こうした機会を全く作れなかった。)

そして、地元にいてこういう機会があること、お金をかけて遠征に来てくれたり、相手がいて、仲間がいて活動が出来ていることに、感謝できるか・・・そのことも選手には考えて欲しい。当然、親の理解があって出来ているってことも・・・。

だったら、部員として選手としてどう取り組まないといけないか、大会でどういう姿を見せないといけないか・・・・(勉強と部活、どう頑張る姿を見せないといけないか・・)

試合では、少したくましくなった部分も観られるけど、まだまだ、まだまだ、です。

次は4月18日~20日、いよいよ春季大会です。無事に開催できることを願っています。

3月28日・29日 練習試合

28日 vs札幌龍谷と2試合

29日 vs旭大高 vs北海

試合を通じて、選手達がどこまで変われるか・・・。

地元にいながら多くのチームと試合ができるこの期間に感謝しないとね(対戦相手、試合会場、フェスティバルを準備してくれた多くの方々に対して!)。

今、チームでは選手自身の自覚や意思を問うている。ただ試合をしているようでは練習試合をする意味がないよ、と。

徐々に、本当に徐々に(観ている人にはわからないくらい微増に・・)ですが、良くなっている(と信じたい)。でも、「全然まだまだ!」という現実も受け止めないといけない。

この春休み期間に”どこまで”いけるか、が春季や高体連予選につながる。

勝ち負けの以前に、サッカーをする選手自身の成長が大事かな。

 

☆春休みの練習試合~【4月1日~3日、ペナルティーカップ函館(フットボールパーク)】

1日 11:50vs旭大高 、(9:00~B戦)

2日 10:25vs有斗 、14:40vs道大谷室蘭

3日 順位リーグ(会場未定)

 

☆春季大会 4月18日~20日(フットボールパーク)