いちはこニュース

2020年9月14日(月曜日)  校舎内の景色 14


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回のテーマは、「学食」です。

私が市函に異動してきて、「独特だな」と思った施設の一つが「学食」でした。定時制がある高校には定時制生徒のための食堂がありますが、本校のように「全日制」の高校で学食があるのは珍しいと思います。

 

学校が再開した6月は食堂を利用する生徒の数は少なかったのですが、徐々に回復してきているようです。しかし、例年に比べると利用者数は少なめのようです。これもコロナの影響の一つでしょうか。

メニューは工夫しながら、新しいパターンも出してくれています。お弁当を作れなかった時や忘れたときの強い味方です。

 
 
 
 

2020年9月11日(金曜日)  校舎内の景色 13


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回のテーマは、「課題研究クラス発表 その2」です。

 

昨日と今日(9/9)の4時間目から6時間目を使い、3年生では「課題研究クラス発表」が行われました。今日は3年2組にお邪魔しました。昨日の発表で様子が分かったせいか、今日の発表を聞いて気づいたことが3つありました。

1 「発表後の質問は難しいけれど、大切だということ」
今日のクラスでは、発表の後に質問をするように準備していました。質問があると発表自体が引き締まる感じを受けました。また、質問→応答→質問→応答という形になっていて、「対話」しているようでした。質問するためには話をしっかり聞かなければなりませんし、集中力も必要です。みんなの前で質問すること自体が”勇気のいること”です。でも、質問は重要だと感じました。
2 「新書を読んでいる気分」
 プレゼンの形式が「序論→本論(例示を含む)→結論」となっていて、聞き手に理解しやすくなっています。そのためか、一つのプレゼンを聞き終わった後は“新書を一冊読み終わった気持ち”になりました。聞く人に分かるように、文章を組み立て、図やグラフなども入れ、校正し工夫を重ねた成果だと思います。
3 「感謝の気持ち」
 昨日は私の気持ちに余裕がなかったせいか、プレゼンの最後に「この発表にあたっては○○先生に指導していただきました。ありがとうございました。」という画面に気づいていませんでした。多く発表者がこのように感謝の言葉で締めくくっていました。生徒から先生への感謝の気持ちが伝わりました。先生たちが報われる瞬間です。

 

発表全般を見て、1年生から学んできた「総合的な学習」での積み重ねが、今日の質の高い発表につながっていることを実感しました。3年生のみなさん、お疲れ様でした。クラス代表による「課題研究全体発表会(9/24)」が楽しみです。
 
 
 
 
 

2020年9月11日(金曜日)  校舎内の景色 12


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回のテーマは、「課題研究クラス発表 その1」です。

 

 

今日と明日(9/9)の4時間目から6時間目を使い、3年生では「課題研究クラス発表」が行われています。今日は3年1組にお邪魔しました。この発表の準備は2年生から始まっています。テーマを決め、資料を集め、論文を書き、パワーポイントにまとめ、リハーサルは各自で行い、ようやく発表です。それぞれの思いがこもっています。
タイトルを見てみると、”常識を疑う”タイトルあり、”とがった”タイトルあり、興味をひかれました。
例えば「美人とは何か」「パーソナルカラーは本当に似合う色なのか」「デザイナーベビーは人類の未来にどのような影響を与えるのか」「生徒指導と承認の関係性は」「縮毛矯正を用いずに縮毛を緩和できるか」「犬食文化はどのように変わるべきか」などです。
「当たり前を疑う」ことが学びにつながり、そして、より良い未来にきっとつながります。どうぞ、その視点と姿勢をこれからも続けてください。明日は、違うクラスにお邪魔する予定です。

2020年9月4日(金曜日)  校舎内の景色 11


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回のテーマは、「テストが終わってホッ」です。

3日間の前期期末考査が今日で終わりました。生徒のホッとした様子を写真にしたいと思い、3年生と2年生の廊下を歩いてみました。「こんな笑顔をできるってすごい」と、ある意味、感心してしまいました。明日からのことは置いておいて、まずは「心からのホッ」を大切に。協力してくれた生徒の皆さんありがとうございました。

 

 

 

2020年9月4日(金曜日)  校舎内の景色10


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回のテーマは、「期末考査 2日目」についてです。

 

昨日から前期期末考査が始まり、今日は2日目です。前回お伝えしたように、生徒たちにとってはこの考査が今年度最初です。昨日は大きな問題はなく無事に終わりました。今朝、登校してくる生徒の様子を見ていると、ほとんどの生徒はいつもと変わりありませんでしたが、中にはぐったりとして、顔に表情がない生徒もいました。「考査はこれまで取り組んできた学習の成果を発揮する機会」ではありますが、「乗り越えなければならない壁」でもあります。「がんばった分、必ず結果は出る」という強い意志であと2日を乗り越えてほしいと思っています。
試験前の生徒の様子を撮影しました。「緊張」と「意気込み」が入り混じっています。生徒の健闘を祈っています。

2020年9月4日(金曜日)  校舎内の景色9


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回のテーマは、「期末考査 前日」です。

 

明日から9月、そして生徒たちにとっては前期期末考査です。9/1(火),2(水),3(木)の3日間が考査です。ご承知の通り、今年はCOVID19のために学校再開が6月になり、6月第1週に予定されていた前期中間考査は行いませんでした。ですから、生徒たちにとっては明日からの考査が今年度最初になります。特に、1年生にとっては高校に入って初めてのテストです。

生徒の様子を見てみたいと思い、放課後に廊下を回りました。各教室や廊下で明日の準備をしている生徒の姿がありました。先週の猛暑を乗り越えたら、明日からテスト。きっとストレスが溜まっているんだろうと思います。しかし、話しかけてみた生徒はみな落ち着いていて、笑顔で答えてくれました。生徒の皆さん、お疲れ様です。がんばった結果が出ることを祈っています。

 

2020年8月12日(水曜日)  校舎内の景色 8



校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回は、「書道パフォーマンス」についてです。

8月11日(火)の午後、青雲記念館で「書道パフォーマンス」を行っているという話を聞き、さっそく行ってみました。真夏日の暑い中、書道部員たちがパフォーマンスをしていました。その様子を放送局が撮影しています。私は頭の中で「書道パフォーマンスの様子を撮影して番組を作るのかな」と考えました。10分弱のパフォーマンスでした。終わってから話を聞いてみると、「学校祭の時に掲示する作品を作り、その様子を録画して紹介する」ためのパフォーマンスということでした。本校にとって、一大イベントである「柳星祭」。コロナのために、今年は10月に(一日だけにして)行います。例年に比べて、準備する時間が少ないこともあり、工夫をしながら計画的に準備が進んでいることを実感しました。書道部、放送局のみなさん、暑い中、お疲れさまでした。

2020年8月6日(木曜日)  校舎内の景色 7


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回は、「3年生夏期講習」についてです。
本日、8月6日(木)まで、3年次のみ夏期講習がありました。例年は夏季休業の2週間を使い、3年次向けの講習が行われますが、今年は7月中が授業でしたので、短期間になりました。ソーシャルメディアでは「特別な夏」という言葉が多用されています。確かにCOVID19のために、期間が短くなったり「いつもとは違う状態」が続いてはいます。しかし、受験生が「前に向かって踏み出そうとしている思い」や「熱量」は変わらないと感じています。夏休み前の全校集会(放送による)で生徒に話しましたが、「みんなが不安を感じたり、いつもと違うと感じている。気持ちを落ち着けて、できることを見つけて。まずそれから始めてほしい」と思います。短くても「夏休み」をしっかりとり、体と心に力を持たせ、「実りの秋」に向かってくれることを祈っております。

2020年8月4日(火曜日)  校舎内の景色 6


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。
今回は、「休日の部活動風景」についてです。
8月1日(土)から夏期休業が始まりました。休みの初日に学校に来てみると、元気な声が聞こえてきました。野球場とサッカーグラウンドからでした。野球は函館工業高校と、サッカーは函館大谷高校との練習試合を行っていました。

私の目が向いた先は、選手たちを応援しているたくさんのギャラリーでした。公式試合ではないのに、保護者や家族の方に加えて、ご近所の方も観戦しています。たくさんの方に応援していただき、支えていただいていることを実感し、嬉しい気持ちになりました。保護者、家族、地域のみなさま、お世話になっております。いつもありがとうございます。

 
 
 
 
 

2020年7月16日(木曜日)  校舎内の景色 5


COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回も校舎内から外に出て、生徒による「交通安全推進活動」についてです。

7月15日(水)~17日(金)の3日間、各年次の規律委員生徒が街頭啓発を行い、交通ルールを守るように本校生徒に呼び掛けています。各学年から2組ずつ、合計12名の生徒が校門付近の通学路に立ち、自転車の乗り方を中心に交通安全を呼び掛けています。(「スピードの出しすぎ・並走に注意する」「横断歩道では横断帯を通る」「交差点での走行に注意する」「自転車に乗る際はイヤフォン・ヘッドフォンをつけない」)。

先週から今週にかけ、本校生徒が関係する交通事故が連続して起こりました。生徒がお互いに声を掛け合って、交通安全意識を持ち、事故なく登下校してくれることを祈っています。

 

朝、家を出るときに、お子さまに「安全運転で」の一言をおかけいただきますようにお願いします。心と時間に余裕を持って交通安全。

2020年7月16日(木曜日)  校舎内の景色 4


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回は校舎内から外に出て、「通学路」についてです。

通称「五叉路」と呼ばれる場所をご存じでしょうか?本校のサッカーグラウンドのそば、サンドラッグさんがある場所です。この場所は毎朝かなりの交通量です。車もさることながら、自転車と歩行者の数も多く、毎朝8時10分前後は歩道も渋滞の状態になります。ここを通るのは、本校、工業、大妻、柏稜、遺愛、中部、大谷、有斗の生徒たちです。そして、高校生に交じって柏野小学校の児童もいます。高校生たちの自転車が小学生と接触しないように、工業の先生と本校の先生が毎朝、交通指導に当たってくれています。今週は「夏の交通安全運動」ということで、警察の方も指導してくれています。また、関係校で連携して「今後の交通安全対策」も話し合っています。保護者のみなさまにも、通学路にある「危ない場所」をご承知いただき、朝、家を出るときに、お子さまに交通安全のための一言を声かけていただければ何よりです。

 

 

2020年7月14日(火曜日)  校舎内の景色 3


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者の皆様に向け、学校の様子をお伝えします。今回は「授業の様子」です。

 7月9日、1時間目に廊下を歩いていると、元気な声が聞こえる教室があったので、入ってみました。
3年生、「国語教養」選択科目の授業でした。国語というと、教科書を読み、理解して、自分の意見を書くというイメージがあります。しかし、今回の国語のテーマは「年金についてディベートする」でした。教科書から離れ、社会問題を考え、論じる授業です。
私が入っていったときに、生徒たちはインターネットで情報を集め、チームとしての作戦を立てている最中でした。
その後、肯定チームと否定チームに分かれてディベート開始。ジャッジも生徒がします。
 ディベートを見て感じたのは、「総合的な国語力」ということです。
課題に対して「情報収集、データ分析、論点整理、意見作成、発表」が1時間の授業の中で行われました。

私の頭の中の「読み書き」の国語とはかなり違っていました。「時代が変わり、授業も変わる」ことを実感しました。
 ちなみに、生徒たちは臆することなく、自分たちの考えを堂々と論じていました。立派だなと感じました。
 
 
 
 

2020年7月7日(火曜日)  校舎内の景色2


校長の谷川です。
COVID19のために、なかなか学校にお越しいただけない保護者のみなさまに向け、学校の様子をお伝えします。今回は「昼休みの校内放送」です。

今週は,昼休みの校内放送で「部活動紹介」をしています。いつもの年なら、4月に部活動を紹介し、新入生たちが実際に活動の様子を見て回ります。今年は4月に登校できたのはわずかな期間でした。十分に見て回ることができない新入生が多かったようです。そのためか、1年生の部活動加入率がなかなか伸びず・・・・・こんなところにもCOVID19の影響が出るんですね。

そして、部活動紹介のあとは、校歌が流されます。本校に4月に異動してきて、私がずっと気になっていたことの一つが「校歌」でした。今年度は全校で校歌を歌ったことがないのです。放送局の取り計らいで、1年生が覚えてくれるように、校歌を流してもらい、ありがたい限りです。早く、全校が集まり、校歌を歌える日が来ることを願っています。

2020年7月6日(月曜日)  校舎内の景色


校長の谷川です。
なかなか保護者のみなさまに学校にお越しいただけませんので校舎内の景色をご紹介します。
不定期になりますが、少しでも学校の様子が伝わることを願っております。

今年はCOVID19の関係で、いろいろな行事ができなくなくなりました。そのような中ですが、校舎を回っていたら季節を感じるものを見つけましたので紹介します。 

「竹に短冊、七夕祭り、おおいに祝おう・・・」歌が聞こえてきそうです。生徒たちの「今年の思い」が伝わります。

みんなが楽しむために、ルールも決めてます。さすが「市函生」。気遣いもしっかりしてます。

2020年4月22日(水曜日)  令和2年度 対面式・部活動紹介が行われました。


4月9日(木)に令和2年度対面式・部活動紹介が行われました。

本日1時間目に対面式が行われました。各ホームルーム教室でテレビを使い、対面式を行いました。その後、生徒会執行部によるオリエンテーションと、図書館オリエンテーションを行いました。
1年生の皆さんにはオリエンテーションを通して、少しずつ学校生活に慣れてもらえればと思います。

放課後からは部活動紹介がありました。各教室・部室を使用し、各部活それぞれ紹介していきました。ぜひ興味のある部活を見つけて、充実した学校生活を送っていきましょう!

*