明けまして。

Pocket

令和5年になりました。444の4月から10ヶ月の文芸部を振り返ると……
4月:なんといってもうれしかったのは新入生加入!5人になりました。
5月:道南支部研修大会に参加(詩人の小篠真琴先生にご講義とご指導をいただきながら、道南支部のみんながそれぞれの詩を作りました。創作しているみんなが楽しそうでうれしかった。)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0271-1-169x300.jpg
「大会にて。学級閉鎖クラスあり4名での参加に。」

8月:とうきょう総文2022に参加(第46回全国高等学校総合文化祭東京大会。会場近くの渋谷に宿をとり、猛暑日も体験。部長とともに江東区・渋谷区でたくさんの刺激をもらってきました。俳句部門で全国の参加者と交流したり創作したりする部長の姿、頼もしくすばらしかった!総文祭を体験させてくれてありがとう。)

総文祭最後に、会場ステージにて記念撮影。大会キャラクターマスコット「ゆりーと」登場。かごしまの文芸部さんたちはバトンタッチ!
「とうきょう総文2022→かごしま総文2023バトンタッチ!」

8月:支部大会(函館西高校にて。小説散文・詩・短歌・俳句4部門のワークショップに参加。)
9月:全道大会(札幌大会。3年ぶり対面の大会。個人では部長が小説で入賞。おめでとう!団体では、皆で試行錯誤しながら作った『海碧』が部誌部門で金賞を受賞し、令和5年度北海道・東北大会(山形大会)参加への推薦をいただきました。

12月:部室もずいぶんきれいになったし、1月:新春句会でまた一つみんなの成長が見られたし、令和5年の文芸部も楽しみです。今年も市函文芸部をどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です