道南ブロック1部 第10節vs函大谷

7月7日(日)道南リーグ1部vs函大谷

この日は市立グランドでの実施。

 

試合は、前半1-1 後半0-0でトータル1対1の引き分けに・・・・。

選手権チームでの最初の試合。3年生が大幅に抜けて、不安な面がある中で、今後のチーム作りでどこまでできるか。課題も見え、希望も見えた(?)試合でした。

2年生が中心になってチーム作りをすること、1年生がいよいよ自覚と責任を持って取り組むこと・・・。そんなことが選手権までにできたら、残った3年生にとってかけがえのない大会になるかも。それが新チームにもつながるかもしれない。

次は、7月27日vs駒澤セカンド(函館FP)。

 

道南ブロック1部 第8節vs大谷室蘭 第9節vs北海道栄

6月29日(土)30日(日)とリーグ戦の連戦。しかも遠征。

第7節は大谷室蘭と伊達まなびの里で対戦。

 

今回、新チームメンバーでの遠征。強豪相手に、「サッカーとはこうするものだよ!」と教わった試合でした。(「こういうサッカーがしたいね!」と見せつけられた試合)

試合は前半0-4,後半0-5、トータル0-9での敗戦。

・・・・・・・・・・・・・

第8節は北海道栄と苫小牧駒澤大学Gで対戦。

 

昨日の試合からたくさん学んだこと、それらを自分達なりに修正しながら、全員でトライしていた。守備での粘りやまとまりは成果が見られた。けど、攻撃面ではこの2日間でどうだったろうか?

試合は、前半0-1、後半0-1、トータル0-2で敗戦。

・・・・・・・・・・・・・

今回、新チームで挑んだ2試合。大谷室蘭も北海道栄も1部リーグの上位チーム。力の差はわかっている。その中で、1年生、2年生には何かに気づいて欲しかったし、きっかけにしてほしい。

さて、これからどう変わって来るのか、楽しみだ!

1年後、「あの日の新チームでの絶望的な敗戦の経験・・・・これがあったから・・・・」と言えたら、今回の遠征は大成功、と言えるよね・・・・。

自らの足で前に進んで、変わらないといけない!頑張れ!

次は7月7日(日)リーグ第9節vs函大谷(市立G 10:00KO)

 

道南ブロックリーグ1部 第7節vs有斗 (そして選手権に向けて)

リーグ戦は、6月22日に前期最終戦の第7節有斗戦を迎えた。

ここまで、

第1節 vs大谷室蘭●

第2節 vs北海道栄●

第3節 vs函館大谷△

第4節 vs駒大苫小牧セカンド○

第5節 vs函館工業○

第6節 vs静内△  ・・・・・2勝2分2敗!

この7節で勝ち越して前期を終えられるか・・・・・

(3年生チーム、最後の試合前の円陣)

 

試合は、見事2対0で勝利!しかも、この試合は高体連で引退する3年生チームでの最後の試合。しっかりと勝って高校サッカーを終えることができたこととは本当によかったし、3年生が作ったチームの”良さ”が十分に観られたよい試合でした。

この試合を観た2年生・1年生はどう感じただろうか・・・?

さて、これから新チームがスタート。そして選手権まで残ると決めた3年生とともに選手権に向けてチーム作りをしていきます!

8月末の選手権予選、それまでのリーグ戦数試合、9月には新人戦地区予選もある。(10月の選手権全道も行きたいね!)

それぞれの学年で目標・課題を持ち、一人一人がサッカーを通じて成長してほしい。

最後に、高体連で引退(厳密には途中退部!)した3年生。この後の活動(主に勉強)でも期待しています。サッカー同様、そこに自分が決めた目標があるのなら、結果を出せよ!

残った3年生。ここからが本当の意味での「文武両道」。全国には選手権大会までやりきって、しっかりと進路実現している高校生はたくさんいる。卒業後はそういう奴らがライバルだぞ!狭い視野ではなく視野を広げて取り組んでほしいし、是非、選手権地区大会も取って「年間3大会制覇!(たぶん市函初かな)」したいね!頑張れ!

高体連全道大会 ベスト8!

◯6月11日(火)

開会式前に会場外でのチーム集合写真

開会式後、試合会場へ移動し、1回戦vs北見北斗(室蘭入江陸上競技場)

素晴らしいグランド、最高の環境での試合。3対0で1回戦を突破!(シュート数でも13本対2本)

(勝利後のチーム集合写真)

 

◯6月12日(水)2回戦vs釧路工業(室蘭入江多目的)

この日も晴天、素晴らしいピッチでの試合。

前半5分に先制!しかし1失点して1-1で後半に。

後半、少しずつ自分達のサッカーを展開し、終了7分前に1点をもぎ取り、2-1で勝利!(シュート数 14対4)

目標だった「ベスト8」進出!!

 

◯6月13日(木)準々決勝vs帯広大谷(室蘭入江陸上競技場)

 

2015年度以来2回目のベスト8の対戦。勝てばベスト4(代表決定戦へ)。

帯広大谷の迫力ある攻撃を全員で凌ぎ、ボールを繋いで攻撃。3連戦で疲れがピークの中、選手達は必死に走り、声を出し、最後まで戦い抜きました。

試合は0-0で延長へ。チャンスもありピンチもあり・・・。自分達らしく戦い抜きました。

引き分けで試合終了(シュート数 8対5)

PKは7-8で敗戦・・・・。

次のラウンド(ベスト4)に進出することは出来ませんでしたが、最後まで練習で培ってきたものをこの舞台で出してくれました。

 

チームをサポートしたマネージャーや選手、3日間応援に来てくれたOB(大学生、ちゃんと勉強しなさい!)、遠方まで応援に駆けつけてくれた保護者の皆様、ありがとうございました。

道南リーグ第6節 vs静内(遠征)

道南リーグ第6節 vs静内

今回は静内への遠征マッチ。

前日の7日(金)に中間考査が終わり、この日はなんと6時間目に全道壮行式。それを終えてすぐにバスで移動。八雲で途中下車し1時間動いて、そのまま苫小牧まで移動してホテルに宿泊(ホテル着が夜22時)。

翌朝に苫小牧から移動して静内での試合。非常にハードな中、選手達は必死に戦いました。

前半は0-0。後半に相手GKのミスから1点を奪うが、直後に失点。そのまま1-1の引き分けで勝ち点1を獲得。自分達のチャンス、相手の猛攻・・・トータルして引き分けは妥当な結果かな。最後の相手の猛攻には、ふらふらになりながらも選手達は必死に戦い抜きました。(勝ちたかったけど、今回のハードなアウエー戦としては合格!かな)

(テスト明けで)コンディションが悪い中でもこうした頑張りは観られましたが、これまで培ってきた”チームとしての一体感”(特に攻撃面)としてはどうだったのか・・・。反省と修正が必要です。

次の全道に向けて「明確な課題」が見えた試合でした。そういう意味でもいい試合でした。

試合後、静内とB戦を30分×2本行い、Bメンバーも必死にプレーして有意義な経験を積みました。(静内高校さん、ありがとうございました!)

帰りは静内-函館を一気にバスで移動(5時間ちょっと)。20時に到着。

ハードな遠征試合を終えました。(保護者の皆様、ご協力ありがとうございました!)

こうした1つ1つの共有の経験から、”何かを変えて”成長していく姿が見たいな、1年生、2年生!

さて、いよいよ全道!後悔のない戦いを3年生はできるかな?

道南リーグ第5節 vs函館工業

道南リーグが再開し、今節は第5節vs函館工業

試合は前半に3得点。後半は0対0でトータル3対0で勝利!

勝ち点を「7」に伸ばしました。

高体連支部予選後の試合、テスト期間に入ってからの試合・・・・難しい部分もありましたが、なんとか勝ち点を積み上げることができました。

次は、6月8日(土)静内戦。アウエー戦です。頑張ろう!

高体連函館支部予選② 「優勝」!

5月23日(木)決勝戦vs函館大谷

試合は、0-0のまま延長へ。延長も0-0で終わり、引き分け。PKでの決着へ。

PKは4-2で勝利し、見事優勝を飾ることが出来ました。

前日の準決勝も工業に延長の末2-1。決勝は0-0のPK戦。(3位決定戦の工業対有斗も0-0でのPK戦、反対の準決勝大谷対有斗も試合中のPKの1点で1-0)

こう考えると、準決勝からの試合は本当に拮抗した試合でした。そんな中でも勝利を勝ち取ることができたのは、「継続は力なり」なのかな、とつくづく想います。それを選手達、特に後輩達には感じてほしいな・・。(卒業生のOB/OG,ありがとう!)

さて、6月11日(火)から室蘭・伊達・洞爺湖で行われる全道大会に出場します。(5月30日抽選会)

その前に、6月1日(土)道南リーグ第5節vs函館工業、6月8日(土)道南リーグ第6節vs静内(遠征)があります。1つ1つの活動を充実させて、全道大会では昨年度(1回戦敗退)のリベンジを果たせたら、と思います。

大会では、多くの応援・声援、ありがとうございました。私学のように部員が多く「大応援団」は作れないです。なので、保護者の皆様などの応援によって、きっと選手達は心強くプレーしていると感じます。また、普段見れない子供達の表情・姿勢をピッチで観ることができたのではないでしょうか?成長を感じていただけたのであれば、うれしい限りです。

では、平常に戻り、しっかりと勉強をして、しっかりと部活をやって・・・・3年生が最高の終わり方ができように、みんなでまた頑張ります。

高体連函館支部予選①

5月20日(月)

1回戦は函館稜北。5-1で勝利!

(市立函館サッカー部の横断幕、のぼり)

5月21日(火)

2回戦は函館商業。雨の中で3-0で勝利!

( 函館商業戦 )

2試合ともに、難しい試合だったけど、落ち着いて戦うことができた。

 

そして、今日、5月22日(水)準決勝 函館工業戦 =代表決定戦。

( 函館工業戦 )

厳しい試合になることは試合前から想定していました。工業には昨年の道南リーグのプレーオフ決勝で0-1で負けている。力のあるチーム。

前半、良い試合の入り方はできていたが、自陣サイドでのボールロストから素早く攻められて失点。緊張感のある試合の中、苦しい試合展開もあり、心理的にバタバタした前半をなんとか0-1で折り返す・・・・。

後半、途中から少し配置など変化させながらゴールを目指す中で、待望の1点を獲得し、1-1で延長戦に!

延長前半、少しずつ本来のプレーぶりが見えて来た中で、エースが1点をとり、そのまま全員で最後まで戦い抜き、2-1で勝利!!!

決勝進出&2年連続全道出場を決めることが出来ました!!

 

この勝利は、本当に、”これまでの先輩達のおかげ”の勝利だと思います。

これまで・・・全道に行けた代、行けなかった代・・・・・結果は色々だけど、毎年、真剣に取り組み、全道を目指し、代表決定戦とか準決勝とか、こうした勝負をかけた試合を常に経験出来てきたからこそ、今回の選手達は最後まで戦うことができたのだと思います。先輩達の姿を見て、共に戦ったこれまでの経験が生きている。そう実感できる試合でした。先輩達!本当にありがとう!!

 

さて、明日は決勝!

高体連支部予選のここまでの3日間、「まだまだだな~」「もっとやらなきゃな~」という部分がたくさんある・・・。それを試せる絶好の機会が明日はある。選手達には、是非トライしてほしい!もっと成長できるこの機会を無駄にしてほしくないな!

『一番以外はビリと同じ』・・・厳しい言葉だけど、勝者と敗者にはそれだけの差ができる。優勝を目指そう!

決勝!どれだけ強い気持ちで戦えるか!自分達の姿を出せるか!是非トライしてほしい!!

明日は、これまで支えてくれている人達への感謝の気持ちを、選手達にはピッチ上で表現してほしいな。

道南リーグ第4節vs駒大苫小牧セカンド

5月11日 第4節 vs駒大苫小牧セカンド

苫小牧緑ヶ丘運動公園サッカー場(人工芝)

前節、ようやく勝ち点1をあげ、今節も勝ち点を積み上げたい試合。

高体連支部予選前最後の試合なので、良い試合をしてチームの士気を高めたい試合。

また、今回はリーグ戦での初の遠征試合。

さまざまな想いを持ってこの試合に挑みました。

(白が市函)

前半、サイドを粘り強く突破し、ニアでうまく合わせて先制。

その後、FKから合わせて追加点。前半を2-0で折り返す。

この展開、第2節、第3節の反省が生きてくるかが問われる後半・・・・

後半に入り、相手の攻勢を全員で凌ぎ2-0で勝利!

リーグ戦初勝利!を手に入れました。

全員の気持ちが最後まで途切れず戦うことができた。大きな収穫でした。(このチームでリーグ戦の最後まで戦いたいね!・・・)

 

Bチームは苫小牧東に胸を借りて練習試合をしてきました。(東高校さんありがとうございました!)

 

さて、いよいよ5月20日(月)~23日(木)、高体連支部予選!

残り10日間、自分達ができる最高の準備をして、高体連に挑みます。