高校サッカー選手権②2回戦vs札幌大谷

Pocket

10月13日(日)2回戦vs札幌大谷(芦別市なまこ山)

札幌大谷はプリンスチームであり、ボールを動かして攻めるスタイルは自分たちが1つ目標にできるチーム。そういう相手と戦える最高の舞台。

1回戦の反省をいかして、チームとしてまとまって戦うことができた。いい試合の入り方ができた。攻められる時間が多いのは戦う前からわかっていること。粘り強く、粘り強く・・・・。そんな中、前半に先制点が!エースの得点で前半を1-0で折り返す。

でも、前半からなかなか自分たちがボールを動かすことができない。プレッシャーや焦りからかプレーを逃げているのが気になった。

そして後半。札大谷は見事に修正し、攻撃に厚みが出てきた。自分たちも疲れが見え、相手についていけなくなる・・・。そして、後半に2失点・・・・。

自分たちはボールを動かせない・・・相手はどんどん攻めてくる。その後もピンチの連続。でも、GK・DF中心になんとか、なんとか粘り強く守る・・・・けど、1-2のまま終盤に。

正直、「ここまでか!」と思ってました。

ラストプレー。選手達は本当に冷静でした。パスが、丁寧に、意図を持って1本・1本とゴール前で繋がって、最後も冷静にGKの動きを見てシュート・・・・。同点ゴール!そのまま試合終了の笛・・・・・2対2・・・・そしてPK戦へ。こんなことってあるんですね。

PK戦は6月の全道でも経験した。その時は負けてしまった。あの6月の敗戦があって、3年生は引退せずに残ったんだっけ。今回は・・・・・全員がしっかりと決め、1本GKがはじき、5-3で勝利!プリンス4位の札幌大谷に大きな大きな勝利!2回戦突破!本当に素晴らしい!

 

 

高校サッカー選手権②2回戦vs札幌大谷」への1件のフィードバック

  1. 市立蹴球応援団

    この感動した試合はコメントせずにはいられません。 先制時、頑張れ! 同点時、頑張れ!!逆転され(沈黙)・・・・大人は8~9割(?)はあきらめていたでしょう。でもこのチームの選手達はあきらめていなかった。最後の最後まで・・・最後の笛が鳴るまで!あきらめない!。 大人も後輩達も大事な事を再度教えてもらったと思う。 その後のPK戦 インターハイで1番くやしい思いをした人がヒーロに!これまた感動です。 3年生はこの大会で本格的に受験モード! 私は信じてますよ!さいごの最後まであきらめない精神で突破する事を。 お疲れ様でした。そして次のステージ!頑張れ!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です